バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護者用冊子より。

こんにちは。
春休みっていいですね。
多少自分の時間が持てます。
現在こごまお昼寝中です。

最近のこごまはとても朝が早い!!
夜9時ごろ就寝、朝は7時過ぎには起きてきます。
前は8時~8時までの12時間睡眠だったのに、今は10時間睡眠。
だいぶお兄ちゃんになったのね。

月曜に沖縄の母から届いた「こどもちゃれんじ」。
前ちらっと触れた事がありますが、これには保護者用「みんなおおきくなぁれ!」という冊子がついてきます。
これに面白いことが書かれていたので御紹介しますね。

「さまざまなスキンシップが子供の心を育てます。
親子でいっぱい触れ合って、共感能力を高める事が「思いやり」の発達につながります。でも、スキンシップがはぐくむのは共感能力だけではありません。
母親からは情緒の安定、父親からは社会的スキルを授かる。」

のだそうです。
面白いですね。
同じ親でもそれぞれから違ったものを子供は授かるのですね。
その冊子によると

「母親とのスキンシップはギュッと抱きしめるという行為に代表されるように温かく包まれるものが多いためと考えられます。一方父親とのスキンシップからは、人と協調して自分を出したり抑えたりする社会性を学び取る事が、調査結果などからもわかっています。父親とは、全身を使った力強い遊びをすることが多いですよね。思い切り身体を動かす楽しさを実感する中で、脳の体性感覚が刺激されて脳の発達を促すという効果もあります」

親って子供にとって本当に大きな存在なんですね。
当たり前の事だけれど、自分がどれだけ子供に大きな影響を与えるのか、私自身が息子にとってどれだけ大きな存在であるのかを再考させられ、自らを見つめなおすチャンスとなりました。
まだまだ甘いなぁ、私は。
もっと温かく見守ってあげたい。
最近は「駄目!」「もう行こう」「道路に近づいちゃだめ!言う事聞けないのなら、おうちに入らないといけないよ。いいの?嫌なら道路から離れなさい」
こんな嫌な事ばっかり言っています。
理由を説明する親になろうとあれほど誓ったはずなのに、あちゃぁぁ、駄目ですね。
脅迫してますもの(--ヾ
こんな私からこごまはどれだけの安心感を得てるのだろうか。
もっと自分に厳しくしなくては。
脅すという事を聞いてくれるから言うのですよね。
そうつまり自分が楽だから。
これではいけませんね。
この休み中親としてのあり方をもう一度考えてみようと思います^^

プレゼント企画の締め切りまで残り3日と迫りました。
まだまだ募集していますので、まだの方はメールフォームへGOです!
よろしくお願いします^^

スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

はじめまして 

レイトンママといいます。ブログのぞいてくださってありがとう。バージニアですか?うちのパパはよく出張でいきます。でも昨日から彼はフランスですけど、、、。
子育て大変ですよね。まだブログゆっくり見せていただいてないんですけど、何を勉強されるんですか?えらいですね。
スキンシップは私もなかなかアメリカ人のようにはで来ません。ましてや子供をあやす時の2オクターブ高い声で子供をほめるでしょ。あれができない。子供はこちらで育つんだったらアメリカ人のような自尊心を養うのも必要だよね。と思うんですけど、、、。
これから私は結構忙しくなるんでブログで遊んでられないんですけど、はなさん頑張ってますのでブログ遊びに来てくださいね。おまちしてま~す。
  • レイトンママ 
  • URL 
  • at 2006.03.16 09:42 
  • [編集]

 

子どもチャレンジの保護者用冊子、私も毎回しっかり読みます(^^)b
勉強になります!
ママとパパの与えるものが違う記事、興味深いです。
確かにそのとおりですね。ママはたくさん抱っこしてあげます。パパからはダイナミックな遊びや社会性を学んでいると改めて思いました。それぞれの役割を果たすことって大切なのですね~。
私もなるべく「~だから~するとあぶないのよ」と理由を説明するようにしていますが、
なかなか難しいですよね!特に亜琉くん!
何回伝えても自由奔放!!なのです(^^;
  • しゃらまむ 
  • URL 
  • at 2006.03.16 13:32 
  • [編集]

レイトンママさんへ。 

こんばんは。
始めまして^^
コメント残していただいて本当にありがとうございます。
すっごく励みになります!

アメリカ人スキンシップ上手ですよね。
アメリカ人と話して戸惑ったのは、褒め上手なことと体を使ったスキンシップが多い事でしょうか。
私も子供を育てていく中で、日米の違いに戸惑う事もよくあります。
両方の良いところを取り入れていけたら素敵ですよね^^

はぁい、またお邪魔させていただきます^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.03.16 13:48 
  • [編集]

しゃらまむさんへ。 

こんばんは。
ちょうど同じときにブログ覗いてくださっていたのかな。
時間差が近いわぁ。
なんだかドキドキです。

あの冊子勉強になりますよね。
私も毎回しっかり目を通しています^^
親の役割、予想以上に大きいので戸惑っています。
お世話、成長を促すだけでなく避難の場、安心できる場所も求められているのは、肌で感じる事が出来るますが、受け止め方はまだまだ下手な私。
もっと何らかの形でサポートしてあげられたらと願ってやみません。

ね~、理由を説明するのって意外に難しいですよね。
本人やってるつもりでも、周りから見ると???な部分もあったりするんだろうなぁ。
自分を客観的に見るようにしなくっちゃ!
しゃらまむさんも同じように奮闘してらっしゃると聞いて、心強いです^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.03.16 13:56 
  • [編集]

 

こんにちは。
パンパース子育てニュースレター「2歳6ヶ月の赤ちゃんのママへ」っていうメルマガの中にあった記事で

■ 先生からひとこと

[ 独立心 vs 支配 ]

子どもが良い自己イメージを発達させるためには独立心が非常に大切です。しかし親はある程度子どもの行動をコントロールせざるを得ません。ですから、子どもの自立心を尊重しながら上手に対応する必要がありす。

というのがありました。
私もごまさんと同じ様な事で悩んでいていた頃、タイムリーにこのメルマガが来て、とっても勇気づけられました。
だって、記事になるって事は、同じような事で悩んでいる親が多いって事ですもんね。
親としてまだまだ未熟な私ですが、これから色々な方の力を借りて成長していきたいなぁ、、、なんて思っています。
  • ヤス 
  • URL 
  • at 2006.03.16 16:10 
  • [編集]

子供チャレンジ 

子供チャレンジ、本当に大人気のようですねー。私のまわりも、本当にたくさんの子供達が子供チャレンジで学んでいます。
0歳から初めて、だんだん年齢とともにそのまま教材をすすめて、進研ゼミの大学進学講座まで続けるって子供も多いようですねー。
ベネッセってすごいなあ。

子供チャレンジ、教材もかなり工夫されているようですねー。

さまざまなスキンシップが子供の心を育てる。
本当にいいお話をありがとう!
うちは、子供チャレンジをとってないので、本当に参考になりました。
  • a gabby duck 
  • URL 
  • at 2006.03.16 22:41 
  • [編集]

父性的な私 

母親からは情緒的なもの・・・

やはり、母親ってあったかくやわらかで、無条件に包み込んでくれるような・・・そんな感じですよね。

それが、だ~~、ヤンマーかあちゃんよ~。
もう、とうちゃんじゃないかね~っていうくらい、逞しく厳しいんですよ。
うちの子供たち、大丈夫かね~。

子どもたち寝ているけど、むぎゅ~してこようかね~。

ところで・・・

何々・・・私も会いに来てくれるの~~~?
鼻血が出そうなくらい興奮しているけど。
あまりにも巨漢でびびると思うけど、勇気を出して会いに行きます!
  • ヤンマー 
  • URL 
  • at 2006.03.16 23:37 
  • [編集]

ヤスさんへ。 

こんにちは。
そうかぁ、みんな同じように悩んでるのですね。
なるべく自由にさせてあげてるつもりですが、息子が納得いくまでというよりも、良いときは折り合いをつけながら、それ以外は親の言う事第一で通してる部分があり自己嫌悪でした。
自立心を尊重しながら上手に対応かぁ。
言われてみたら息子はいつも「Mine!Mine!」ばっかり言っています。
本当は「僕がやる!」と言いたいんだろうなぁ。
自分で出来る、やりたいという気持ちの現れですよね、きっと。

ヤスさんも同じ道を通られたそうで、かなり勇気付けられます。
よい話を聞かせくださってありがとう、ヤスさん。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.03.17 00:40 
  • [編集]

A gabby duckさんへ。 

こんにちは。
こどもチャレンジってまだまだ根強い人気を誇っているのですね。
大学進学コースまで取り続ける子もいるんだぁ。
すごいなぁ。
私もむかぁぁぁしこういう毎月届く教材やったことがありますが、付録だけ見て後は触らず(笑)
私の母は迷わず退会を決意して、受講はあえなく中止となりました(--ヾ
こういう家で一人でコツコツとというのが苦手な子供だった私は、そうやって長く続けられる子はすごいなぁと羨望の眼差し送っちゃいます。

自戒の意味を込めて書いた記事でしたが、喜んでいただけて嬉しいです。
こういう情報って育児に対しての気持ちも新たに出来て時にはいいものですよね^^
また何か見つけたらアップしますね。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.03.17 01:06 
  • [編集]

ヤンマーさんへ。 

はいた~い。
ヤンマーさんはお父さん並なの?
いいねぇ~。
私は駄目、全然駄目。
ダイナミックに遊べない!
危ない、危ないばっかりで消極的な母です。

私もね、厳しく育てたいのです。
でも息子に甘い(T_T)
愛情からくる甘さなのか、私の心が冷たいからじゃないのかと最近怖いです。
息子にしっかり関心を向けてあげてるかなぁ。自分の時間を大切にしてる部分あるような気がして。。。
はぁぁぁぁ、育児って難しいわぁ。

もしヤンマーさんのお時間があればぜひお会いしたいですぅ。
私も体型かなりきちゃってます!
一緒に鼻血だそう!(笑)
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.03.17 01:13 
  • [編集]

コメントの件 

ごまさんまたの訪問ありがとうです(^^)
コメントですがちゃんと残っていますので見てくださいね。
http://moon.ap.teacup.com/dongurinn/117.html?b=10#comment
大きな声では言えませんがなんとなくtea cupというかわいらしい名前に惹かれてブログ始めたのですが、画面に表示される容量やスタイルが今ひとつのブログ会社でした。
今更引越しも面倒ですし、使い勝手が慣れればそれで過ぎていっています。
他から見に来た方には判り辛くてごめんなさいね。でもこれに懲りずにまた来てね。
首を長くして待っていますからv-10
子供ってべたべた引っ付いてきますよね。
私はあれがスキンシップだと思っていますが、
旦那はアメリカ人らしくほっぺにチューチューはたまたお口にチューチューしていますよv-207
  • kuro 
  • URL 
  • at 2006.03.17 09:25 
  • [編集]

Kuroさんへ。 

こんばんは。
あ゛、コメント残ってました?
失礼いたしました。
いつものおっちょこちょいですねぇ。
さ~っと見てあ、なくなってると勘違いしてしまいました。

ブログの使い勝手って結構大きなポイントですよね。
でも慣れちゃうと他のブログが逆に不便に感じたりするものですよね^^

お誘いありがとうございます。
間違いなく通わせていただきます(笑)

私もチュッチュ攻撃しますねぇ。
これはきっと息子だからなのかな。
嫌がられた時の寂しいこと、寂しい事(笑)
本気で「え~どうして?マミ悲しい。いいじゃん、いいじゃん!」といじけてます(--゛
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.03.17 13:13 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/174-c6852d0c

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。