バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本への反応

こんばんは。
今日昨日のテストの結果聞きました。
なんとちゃんと82点取れてました~。
100点じゃないのに自慢するなんて!って感じですが自慢させてください。だって本当に必死なんです(><)
これだけ取れたのある意味奇跡。
そこでお祝いに花火を買ってきました♪
日本の花火って手持ち花火多いじゃないですか?
アメリカの花火って手持ち花火めったにないんです。
あってもすっごく種類が少ない。
というか一種類しか見たことない!
打ち上げ花火のセットを買ったのですが、これまたしょぼい~。
日本の花火は芸術ですよ、皆さん!
お祭りなんかの花火もしょぼいしょぼい。
日本の花火を見慣れている私にはどうも納得いかない花火。
でもお祝いですし、こごまも喜んでくれたのでよしとしましょうか^^

ところで昨日細々と続いてると書いた絵本の読み聞かせ。
いつもは寝る前に読んでいたんです(気が向いたときに)。。。
今日は気分を変えて朝こごまに「絵本とっておいで」と声をかけると持ってくる、持って来る。
しかもちゃんと聞いてくれるではないですか!!
一時ね、絵本をしっかり聞いてくれる時期があって、それから絵本の読み聞かせをサボったせいで全然聞いてくれない時期が来たんです。
それで「あちゃ~、せっかくしっかり聞けるようになっていたのに、私が芽を摘んでしまったな」と反省していました。
でも何とかまた聞いてくれるようになりました!
よかった。よかった。

そしてね、こごまに変化が訪れていたんです。
今までは絵本を読んでもその場限りの反応。
絵を見て「Crying」などと絵を見てそのままを伝えるのみ。
ですが今日「Piglet and Mama」という絵本を持ち出してきました。
Piglet and Mamaについてはこちら
私がほれ込んで買った絵本。
1回目はこごま黙って聞いていました。
もう一回といわれるがままに読んでみるとママを探し続けるピグレットを指差し「怖い」と一言。
一人で怖い。ママが居なくてかわいそう、色々な意味のこもった「怖い」だったと思います。
「そうだね、ピグレットかわいそうだね。ママ早く見つかると良いね。一人で怖い思いしてるかもしれないね。」と相槌をうちそのまま読み続けました。
読み終わった後、1時間近くたっていたのにこごまはブラインドの後ろに隠れて「マァマァ~」と私を呼びます。
そう、ピグレットの真似です。
普段は「マミー」と呼ばれているので、これは間違いなくピグレットのまね。
絵本の登場人物と自分を重ねたり、登場人物になりきったりできるようになったんです!
素晴らしい進歩です。

以下は私がお願いしているブッククラブの会社「こどもの本の童話館グループ」さんの小冊子「絵本のある子育て」内からの抜粋です。

子供の心の成長と絵本。
0~1歳の頃
およそ8ヶ月から絵本に関心を示すようになり、自分が良く知っているものを絵本の中に見つけて反応したりします。
1歳も半ばを過ぎるともう一人前の読者。好きな絵本も出てきます。そして大人には???と思えるような絵本を楽しむ事も多々。

およそ2~3歳の頃
2歳になると簡単なお話の世界へ入ってけます。そして意外なほど理解力を見せます。
3歳の頃は時折絵本の絵にじっと見入っていることがあるかと思います。
その時には絵を読んでいて、心の中で絵を動かしお話をなぞるなど想像力の豊かな広がりを見せてくれます。

およそ4~5歳の頃
絵本の中の上質なユーモアなどを理解でき、絵本を通し自分の内面を見つめ始めることも見て伺えるようになります。

およそ6~7歳の頃
少しずつ社会との接点に立ち、これまでとは違う心の動きを自ら受け止めていくようになります。文字を習い覚えますが、子供達が自分で読んで理解できるのは彼らが必要としている精神的レベルよりもずっと幼いレベル。読んでもらうことで自分を精神的、知的な刺激で満たす事が出来ます。

とありました。
こごまちゃんと2歳児のレベルなんです!!
本当に嬉しかったです^^
読んであげた絵本でこうやって反応してくれるのは本当に嬉しい。

以下は私の経験談です。
説教臭かったらごめんなさい。
そんな風に感じたらごまの戯言だと聞き流してください^^

小学校低学年の頃って教科書の音読の宿題が出ませんでしたか?
皆さん得意でした?
私はね、とにかく宿題終わらせたいとさっさと文字だけを追っていたように思います。
音読ってとっても大切なこと、でも同じ読書でも文字を追うだけの読書と物語を楽しむ読書は別物。
文字が読めるから物語が楽しいわけでないと思うんです。
文字を読み、それを理解し頭に情景が浮かび、物語を頭の中で整理し話を追っていくというのはある程度経験をつまないと駄目だと私は思います。
小学校低学年まではまだ訓練の時期の子が多いのではないでしょうか。

私の妹は私よりも10歳年下です。
その妹が小学生のときに音読の宿題で犬と少年の話を読んでいました。
少年が大好きな飼い犬は年を取り寿命が尽きようとしています。
でも少年は寂しくない、それはいっつもその犬に「ずっとずっと大好きだよ」と毎日毎日伝え続けていたから・・・というような内容だったと思います。
その少年の年齢と妹の年齢がちょうど同じくらい。
妹の幼い声、「ずっとずっと大好きだよ」という台詞を耳にして、私も母も涙がこぼれました。
情景がはっきりと浮かんできたから。
大人でも読んでもらう事でもっと伝わってくるものってあるんです。
幼い子ならなおさらではないでしょうか?
子供は現実とファンタジーの狭間に生きています。
大人以上に入ってくる情報に純粋に響きます。
いくつになっても読んでもらうのは嬉しいもの。
私はこごまが「マミ辞めて。自分で読みたい」と言い出すまで私は続けていけたらなと思っている読み聞かせです^^

読み聞かせって時々面倒くさいですよね。
疲れていて、短い絵本にしてぇぇ~っと願ってしまったり(==゛
でも絵本を読んであげてるときのお子さんを見てください。
しっかり絵を眺めているはず。
本文は読み終わっても次のページへと急がす、読み手の声が止まっても目をさらにして絵をこまごまと観察してる事あると思います。
どうぞ付き合ってあげてください。
そしてじっと聞けないお子さんにもその背中に向かって読んであげてください。
母の声は絶対に届きます。
ず~っと背中を向け続けていた自閉症の息子さん。
それでもお母さんは毎日その背中に読み続けました。
ある日突然息子さんいつも読んであげている本を暗唱し始めそれからというもの本が大好きな子になったという実話もあるほどです。
多くの方が絵本の読み聞かせ親子で楽しんでいただけたら素敵だなと心から思います^^

あらら、随分長く書き綴ってしまいました。
長文失礼しました。

明日は週の真ん中ですよ♪
嬉しいですね^^後一踏ん張りだぁ~!
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

すご~!! 

ごまさん!すごい!!82点!!
おめでとうございます!
花火を買って来ちゃう気持ちわかります(^^)
でも、アメリカの花火はしょぼいんですかぁ~。アメリカの方に日本の花火を見せてあげたいです(^^)b
私の住んでいる地域でも8月に花火大会があって、それはもう、うっとり♪です!

「ずっとずっと大好きだよ」は、紗夢ちゃんも1年生の最後のほうで教科書に出てきて
何度も音読していました!
心に響くお話で、紗夢ちゃんが音読するのをじっくり聞いてましたよ!
確かに情景が浮かんできます。
私も音読の大切さを最近知りました。
亜琉くんにもたくさん絵本を読んであげたいけど、紗夢ちゃんに読んだほど読めていないような気がします。もっと絵本を読む時間をつくりたいですね(^^)
読み聞かせの大切さ、改めて感じました!
どうもありがとう(^^)
  • しゃらまむ 
  • URL 
  • at 2006.06.07 17:08 
  • [編集]

お疲れ様 

82点素晴らしいですv-425
やっぱりごまさん賢いんだよ。
苦手でもそんな得点が取れるなんて自信つきますね。
これからもこの調子で頑張ってくださいね。応援してますv-411

音読のお話がありましたが上の子は6年生ですが今でも毎日国語の教科書の音読宿題がありますよ。
何だか父兄からの熱い希望で5年生までで打ち切られるはずだったのが延長したようです。
でもね我が家のティーンエイジャーに毎日1ヶ月続けて同じ単元ばかり読ませるとだんだん気持ちが入らなくなるし、早口で内容を大事にしていない読み方するんですよ。
大人になってから「いい内容だったな」って思い返してくれるといいんですけどね。
下の子は一時期の熱さは無くなりましたが、のんたんの絵本を10冊くらい積み上げて、字が読めないけどちゃんと暗記して読んでいます。
ごまさん10歳離れてたのー?!
うちが8歳離れているから同じような感じだね、きっとv-290
  • kuro 
  • URL 
  • at 2006.06.07 22:07 
  • [編集]

 

すごーい!いい点数だぁ!私はほんっとにおバカちゃんだったんで、そんな点数めったにお目にかかれません。とにかく、いい点数で、テスト終了、おめでとうございます!!
そして、ご無沙汰しちゃいました。なんだか一人で気持ちがウキウキしすぎたようで、このところ寝るのが早い!

絵本って、やっぱり面倒です・・・よね?私も読もうとすると本文よりもおもしろく読もうとしちゃうんで、子供たちにはウケがいいんですけど、「もういっかーい!」って言われると、「えー、もういいよぉ」って言っちゃいます。結局逃げられずにもう一回読んだりしますけど、その後も持って来る持ってくる・・・・・最後は逃げ回ってます。
でもやっぱり大切ですよね。読んでもらうって、今さらながら朗読の舞台があるのがうなずけます。
自分の中で想像が膨らんで(私の場合特に。妄想癖があるようで・・・(;^_^A アセアセ・・・)映像で見てないのにすごい感動だったり。
そっかぁ。がんばって読み聞かせ続けたほうがいいんですね。よぉし。あぁ・・・・こわいなぁ。「絵本持っておいで」って。止まらなくなりそう。でも言ってみようかな。
  • aiko 
  • URL 
  • at 2006.06.07 23:57 
  • [編集]

花火 

日本の花火っていいですよね。
これから花火の季節。すごく楽しみです^0^
ごまさんも、沖縄に帰省されたときに、花火楽しめるといいですねー。

絵本のこと。とっても心強く思いながら拝見させていただきましたー。
すごいいお話も多くって。
私の絵本読み聞かせの心強い助っ人のようなかんじです。。本当はちょっとつまづいてたんですよー。
  • a gabby duck 
  • URL 
  • at 2006.06.08 10:24 
  • [編集]

しゃらまむさんへ。 

こんばんは。
誉めていただき有頂天の私です(笑)
お蔭様で自信が付き、何とか化学乗り越えられるかも♪なんて図々しいこと考えています。

あ~花火、いいですね~。
私もねすっごく楽しみにしてるんです。
実家から夏は最低でも2回は花火が見えるのでこごまに見せてあげたいなぁ!。
一度は日本のお祭りにも連れて行ってあげたいしと計画だけは山のようです^^

おぉぉ、やっぱりあのお話しゃらまむさんの心にも響きましたか!
あれいいですよね。
本気で涙が(T_T)
実は私とっても涙もろいの。
人が泣いているのを見ると理由がわからなくても一緒に泣き始めちゃうタイプ(笑)
よわっちい私(--゛

私も絵本を読む時間もうっと充実させたいなと思っています。
我が家の場合私なんですよ、原因。
こごまは別に時間に追われる生活してるわけではないので、読んであげられない私のせい。
日々の生活に追われるばかりでなかなか。
2日前は家の中嵐の後のようでしたが、死にはしないさ!と家事放棄して午前中たっぷりこごまと過ごしたんです。
絵本もたくさん読んであげて、一言一言にしっかり応えいると私の気持ちまで落ち着いてきて、病み付きになりそうです(笑)
家事放棄、たまにはいいものですね。
(っていうも放棄気味ですが(笑))
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.06.08 12:55 
  • [編集]

Kuroさんへ。 

こんばんは。
や~賢いだなんて言われたの始めてかも。
調子にのっていいですか?(笑)
化学のことなら何でも聞いてください!
あ、うそ。だめ、あ~大嘘付くほど有頂天な私です。
本当にこっそりこっそり打ち明けると、クラス全員の点数が悪かったので、先生が全員に10点足してくれたんです(--゛
それで82点ってわけ(笑)
内緒よ、内緒。

あ~わかります、わかります。
同じものを読み続けると子ども自身も飽きるんですよね。
そしてとにかく早く終わらせたいという気持ちになってしまったのは私です。
何時の日かそれもいい思い出に変わるのが楽しみですね^^
親子で毎日読んだよね~みたいなお話ができるんですよ!いい!すっごくいい!

のんたんの絵本、人気なのですね。
息子にも買ってあげようかな。
あ、のんたんって女の子なのかな。

そっそ、10近く離れてるんです。
正確には9歳とちょいだったように思います。
え?え?え?いま気が付きましたが私妹との正確な年齢さ把握してないかも。
ひょえぇぇぇ。
私29、妹20でございます。
え?え?え?10歳ではなく正確には8歳なのか!
えぇぇぇぇぇ~。Kuroさん衝撃的な事実に気付かせてくれてありがとう。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.06.08 13:04 
  • [編集]

aikoさんへ。 

こんばんは。
なんだかこんなにたくさん誉めていただくと緊張してきました(笑)
次50点とか取れなくなっちゃう(笑)
が、が、がんばります。

絵本の読み聞かせ面倒に感じる気持ちわかります。
疲れていたりやる事が山積みだと「あぁぁぁ」ですよね。お察しします。
そんなときはパパよ、パパ!aikoさん!
うちはね、私が読み聞かせを始めたとき夫はあまり興味なさそうでした。
でも私とこごまがこごまの部屋にこもり(紅ちゃんもついてきました)ひざに乗せどっぷり二人の世界に浸かっているとやきもち焼きが出てきましたよ~(笑)
「僕も読む!英語の絵本買ってきて!」
「僕のひざに座って~」
最近ではお昼寝の時も、「一緒に寝ようよ~」誘うのは夫のほうです(笑)

絵本って映像がないから映画よりももっといいんですよね。
だって自分のイメージどおりの世界が描けるから。
映画だとこちらのイメージが入り込む隙間なんてないもの。
だからaikoさんのお気持ちよくわかります。
原作を超える映画ってあまりないのもわかる気がします。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.06.08 13:13 
  • [編集]

A gabby duckさんへ。 

こんばんは。
そうなんです、花火楽しみ~。
海・お祭り、花火、水族館と行きたいことやりたい事が山積みです。
6週間の滞在で全てこなせるかしら。
いや、こなしますよぉ~。

読み聞かせって周りの話を聞く分にはみんなわりとスムーズに行ってる様に聞こえませんか?
でも現状はそうでもないと思います。
私が読み聞かせのことを2ヶ月近く触れなかったのはこごまが全然聞いてくれず私がやる気をなくしていたからだったんです。
だからその話題が出ない。
話題が出る時には「上手に聞けてよかった~」なときだけ(笑)
躓く事があっても普通だと私は思いますよ^^
一度に何冊も読んで欲しがるという話を聞いても焦ったりしなくて全然大丈夫だと思います。
しゅんしゅん君に準備が出来ていないのなら、準備の為の準備で1週間に1回絵だけ一緒に眺めてみるとかそんな風でも細く長く続けていけたら上出来じゃないかしらと私は思います^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.06.08 13:20 
  • [編集]

すごいですね! 

どんどん自慢しちゃってください!!
凄いです!!
日本語でも難しいのに英語で出来るなんてすばらしいです☆

ところで、教科書に載っていたという犬の話ですが、仙台で使用する教科書にも載っていました。
長女は本が大好きでほっておけば何時間でも読んでいるような子なのですが、音読も得意で読んでもらうと情景がぱあ・・・と目に見えるようです。
何度聞いてもあきませんでした。
本好きな子供を持つお母さんは皆似たような感想を持つようです。
いづれこごま君にも読んでもらう日が来ると思いますが、とっても楽しみですね♪
  • うっかり主婦 
  • URL 
  • at 2006.06.08 19:24 
  • [編集]

うっかり主婦さんへ。 

こんばんは。
結構いけるかも♪と調子に乗ったらやっぱりすぐですよ、すぐ!つまづいています。
しかも起き上がれないほどふかぁぁぁく(T_T)
後残り2週間なのですが、嬉しいけれどテストが恐怖でジレンマです。

おぉぉ~、仙台で使われている教科書でもあのお話採用されているのですね!
全国的に採用されてるようです^^
本好きな子は本当に伸びます!
だからうらやましいわぁ~。
私読解力がなくて駄目なんですよねぇ。
もっと小さい頃からブックワームだったらもう少しましだったかも・・・(--゛

や~素敵☆
子供に読んでもらえるなんて夢のようです。
早く我が家にもそんな時期こないかな♪
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.06.09 12:25 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/235-981bd9cb

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。