バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の挑戦。

こんばんは。
本日2度目の更新です。
それはなぜか!
勘の良い方はそろそろお気づきかと思います。
明日テストなんです@生物の(笑)
いつものように現実逃避ってわけ。
もうね、本当にいい加減にしてほしい!
テストをバンバンやればいいってもんじゃないんですよ!と先生に力する勇気が欲しい(笑)

夫に変化が現れました!
それは「日本語を本気で勉強したい!」らしいのです。
これには本当にビックリ!
ネットで色々教材探したりもしてるようですよ。
今回本気なのはなぜだろう。。。
かなり不思議ではありますが、「いっつもやらなくちゃとは思っていたんだ、けどなかなか始められなかった。でも今回は本気なんだ」と本人言ってますが、いつまで続くやら。
まぁやる気になってくれた事は誉めてあげなくては、ね^^

今までやる気のなさそうな夫でしたが、一応日本語学習用のテープは持っているらしく、今日引っ張り出してきました。
一緒に聞いていたのですが、その覚え方が絶対におかしい!
テープで「何番」というのを紹介していたのです。
女性の声で「何番。何番」と流れてくると夫の頭の電球が光った!
「OH~、Chicken Nanban!」
いやそれはチキン南蛮(--ヾ

絶対おかしいのは間違いないのですが、一発で覚えたようです。
ま、勉強なんてこんなものですよね。
とりあえず覚えたもの勝ち。
夫の場合会話だけ出来るようになれれば嬉しいと言っているので、とにかく耳から聞いて音を拾えるようになり、知ってる単語が聞き分けられるようになれば、第一歩を踏み出した感じでしょうか。

これだけ私がこごまに日本語を使っているのになぜ夫が覚えないのか、不思議に思っている方いらっしゃると思います。
それはね、聞いてないの!
これは大人だけでなく、子供にも言えることだと思います。
目の前で使われている言葉を聞き流しているだけ。
わかろうとしていないのが、一目瞭然。
私はなるべく簡単な単語を使い、夫にもわかるようにしているつもりなんです。
「ダディーとおてて洗ってきて」など。
毎日のことですので、それを聞いたら夫がすっと立って「こごまCome on. Let's go wash our hands」と言ってくれたらいいけれど、全く立たない!
そこで私が「Daddy! Can you go wash his hands?」と聞かないと駄目。

母親って父親と子供が交わしている会話を聞いてたりするじゃないですか。
そこですかさずフォロー入れたり。
それがないのよぉ~。
どうせわからないと頭から決め付けている部分があるんです。
これって怖いですよ~。
病は気からと言いますが、語学も気持ちから。
わかろうとしない人には見事にわからないのであります。
やっぱり聞く耳を立てる、わかろうとする態度というのは非常に大きい。
そこで出てくるのが、理由付け。
なぜ学ばないといけないのか!を本人が納得することはとても意味がありますよね^^
理由があれば、必死になる。
そこで夫と話し合ってみた。

私「理由がないと難しいよね。私の場合成績が関係してくるから必死で勉強しているけれど、こうやってある程度管理してもらって評価される緊張感がないと無理だもの」

夫「そうなんだよ~。何か良い方法ないかなぁ。」

*妻子の使う言葉をわかりたいというのが大きな理由になるじゃないか!という御意見もあるかと思います。
ですが、どうしても家族同士の甘えみたいのが出てしまい、これだけではどうも理由付けが弱すぎようです。

私「公文でもやってみる?ネットで調べてみたらいいよぉ。」

*ネットで調べる夫・・・

夫「公文って・・・子供用じゃん(T_T)」
どうやらプライド傷つけられたらしい。ごめんよ、夫。
いいかなと思ったの。

私「じゃぁ、テープ1本聞いたら5ドルあげようか?難しくなってきたら値上げしてあげるよ?」

夫「Now, we are talking!」(そうこなくっちゃ)

食いつきいいなぁ(笑)
テープ聞いたらお小遣いというのを採用するかしないかの結論は出ませんでした。
ですが、きっと夫は忘れていないでしょう(笑)

というわけで、我が家では夫とこごま二人のバイリンガル教育が始まりました。
どうなるかしら。

ちなみにこごまの日本語は亀のような歩みではありますが、一応進歩はしているようです。
日本語と英語の区別が多少つくようになってきました。
私に向かって「マミ~!犬」と言い、夫には「Daddy, dog」とちゃんと言い分けています。
日本語の単語数はあまり増えている感じは受けませんが、言ってることはわかるようです。
そして英語のほうは着々とうまくなってきています。
まだ間違いもありますが、
「紅~、I'm sorry, I mad at you」(紅ちゃん、怒ってごめんね)
「I play Thomas with S」 (S君とトーマスで遊んだよ)
「My do it!」(自分でやるの!)

などちゃんと会話になるんです。
まだまだ「I」を「My」と言ったり、過去形に直すべきどころを直せなかったりしますが、私はいつものように英語に関しては一切関与せず「あら、そう。S君と一緒にトーマスで遊んだの?」などと日本語で言い換えてあげるだけ。

長々と書き連ねましたが、我が家のバイリンガル教育事情でした☆
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

ふふっ、公文式の所と、お金あげちゃうよ、っていうインセンティブの部分、笑っちゃいました♪ 
でも、いいアイディアですよねぇ~(しみじみ)。 うちの旦那さんにも、そのアイディア言ってみようかなぁ~!?(笑) どの方法が一番良かったか、ぜひ教えて下さい!!
  • ジーン 
  • URL 
  • at 2006.09.25 14:34 
  • [編集]

二人をバイリンガルに!? 

そうですか!ご主人さん、日本語に目覚めてくれたのですね(^^)b
私は、結構負けず嫌いだから、子どもができて自分ができないのは悔しく思うかも♪でも、すぐに抜かされる運命にあるんでしょうけど・・・(^^;;

あっ(^^;
私ったら、イギリスに帰る先生に、小学生用の慣用句辞典を送ってしまったわ・・・(^^;;
やばかったかしら?
ふりがながついてて分かりやすいと思ったのよ~(><)

こごまくん、ご主人さん!がんばれ!めざせバイリンガルp(^^)q←家も・・・。

「雨の日」の記事も読みましたよ♪
雨の日は、工作やお絵かき、子どもたち二人でごっこ遊びをしたりして遊んでます(^^)
こごまくん便、かわいい~♪
その赤い台車(?)
実はほしかったのですよ~!
でも使えるほど広い庭ではないのであきらめました!!
  • しゃらまむ 
  • URL 
  • at 2006.09.25 17:28 
  • [編集]

NoTitle 

旦那様の今後に期待!!ですね♪

それにしてもこんな良い環境がありながら、聴く気が無ければやっぱり聞こえないのですね!

私はスピードランニングという聞き流し教材で英語を勉強しているのですが、私にあっているようですごく役に立ちました。

一方、ネットでは効果が出なかったという声も・・・。

やっぱり良い環境があっても本人が聞く気にならないと無理なんですね~v-12

でも、旦那様はとうとうその気になったよう!!

今度の里帰りでは皆で日本語で話せたら良いですね♪
  • うっかり主婦 
  • URL 
  • at 2006.09.25 20:24 
  • [編集]

コメントありがとうございました。 

私とは違い逆バイリンガルだったんですね。

旦那様はう~ん…。ですが、こごまくんは問題ないでしょうね!

私もガンバろうっと!

また遊びに来ますね(^-^)
  • 小雪 
  • URL 
  • at 2006.09.25 22:39 
  • [編集]

テストなんですね 

ごまさん現実逃避とおしゃいますが、ほんとに頑張ってらっしゃいますよ。尊敬しちゃう!!

ご主人日本語覚える気持ちが出てきたんですね。
楽しみですね。
きっとバケーションで沖縄帰ったのが利いたかな?!
日常会話で使うのが一番の上達ですよね。
うちの夫は見事バイリンガルです。それもこれも私という妻のかいがいしい日本語教育が・・・・・・なーんちゃって。嘘です。
うちの夫はしつこいくらい意味とか言い方を質問してきます。でもたまに「うーん、日本語でどう言ったらいいかわからない」と夫が言いますが、すかさず私が「じゃあ英語で言ってみて」と私も英語忘れないように言います。
するとどうしても頑張って日本語で言うんですよ。
それはもう憎らしいくらいなんです(笑)

夫を見てて思うのは困ったときこそ自分の脳をフル回転して習いたい言語を言ってみる、そうすることで言葉は伸びますよね。
ごまさんのご主人もごまさんという先生が身近にいらっしゃるので失敗を嫌がらずにどしどし日本語でお話するといいですよね。
  • kuro 
  • URL 
  • at 2006.09.25 23:22 
  • [編集]

ジーンさんへ。 

こんばんは。
お金を引き合いに出すところが、大人のいやぁぁな部分ですよね(笑)
これが一番利きそうですよ!
我が家は私が財布の紐を握っているので、夫そりゃ必死です(笑)
まだ私に請求書は回ってきていませんが、お小遣いUPだろうと思い込んでいるかも~(><)
恐怖です。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.09.26 11:10 
  • [編集]

しゃらまむさんへ。 

こんばんは。
何とか、日本語に興味を持ってくれたもののこれからどこまでそれが続くかどうかがネックになってきそうです^^ヾ
続いてくれるといいのですが。。。
あ~、いいですね、負けず嫌い。
うちもそれだと伸びたのかも!!

小学生用の慣用句辞典なんてあるのですね!
情報ありがとうございます。
全然ヤバイことないと思いますよ。
のちのちは我が家に欲しいくらいです。
漢字は外国人にはなかなか馴染めないようですので、振り仮名がついているというのはとても助かったと思います^^

バイリンガルへの道は長く険しいけれど、何とか3人4脚で頑張ります^^

我が家のはボロボロですが、新品の赤いワゴンは本当かわいいですよね。
私もあの雰囲気が大好きです^^

なるほどねぇ~!「ごっご遊び」かぁ。
想像力がそれだけ育っているから出来るのですね^^
うちもそのうち出来るようになるかな♪
楽しみです。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.09.26 11:16 
  • [編集]

うっかり主婦さんへ。 

こんばんは。
本当にそうなんです、聴く気がないと聞こえてこない!

そうでしたよね、うっかり主婦さんはスピードランニングお使いでしたね^^
やはりある程度集中して聴いてらっしゃったのでしょうか。
耳から言葉を覚えようとするとその言葉をどれだけ聞いたかという時間が大きく左右してきますよね。
うちもうっかり主婦さんのように毎日続けていれば効果が出てくるかなぁ。

本当、次の里帰りまでに片言でも日本語で会話が出来ると楽しみ度が全然違ってくると思います。
頑張って欲しいなぁ。
自分でやるよりも、誰かをやる気にさせることってなかなか難しいですね。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.09.26 11:21 
  • [編集]

小雪さんへ。 

こんばんは。
こちらこそ、遊びに来ていただいてありがとうございます。
足跡残してくださって本当嬉しいです^^
重ねてありがとうございました。

夫はね、バイリンガルは無理でも簡単な会話が出来て、相手の言ってることが大体予想できるくらいになってくれると嬉しいなあ。
息子に対してはもうちょっと求めていますが、本人のやる気しだいなので、こちらもどうなることやら。。。
何とか頑張って欲しいものです^^

お互い頑張りましょ^^
私もまた、遊びによらせていただきまぁす。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.09.26 11:23 
  • [編集]

Kuroさんへ。 

こんばんは。
いやいや凄くないですよ、全然。
今回のテスト見事にコケタ感じです。
現実逃避してる間に勉強しろってことですね、きっと(笑)

やっとやる気は出してくれました(T_T)
よかったぁぁぁ。
後はこれがいつまで続くかですよね(ーーヾ

Kuroさんの御主人はほんっっっと凄いですよね。
なるほどねぇ~、そうやって貪欲に知りたがる、知識欲の強さというものがあるからぐんぐん伸びるのかぁ。
謙遜してらっしゃいますが、御主人の日本語の影にはKuroさんのお力添えもかなり大きな役割を果たしていると思います。
私もKuroさんのように、夫を支えるよう頑張ります!

Kuroさんと御主人、かわいいなぁ。
「じゃぁ、英語で言って」→必死で日本語で伝える。
いいですね~。
あ、Kuroさんにとってはある程度英語を使ってくれるほうが助かるのかな。

本当、失敗を恐れずドンドン日本語使って欲しいものです。
説得はしているのですが、本人がなかなか納得してくれなくって(ーーヾ
そのうち慣れてくれるといいのですが。。。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.09.26 11:29 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/295-61f18752

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。