バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校訪問。

こんにちは。
今日は感謝祭当日です^^
そして日本は勤労感謝の日でお休みですね♪
日米揃ってのお休み、なんだか日本が近く感じられます^^

こごまがお昼寝中なのを利用して、今義両親宅に持っていくアップルパイを焼いてるところなんです^^
オーブンからはりんごの焼けるいい匂いが!
う~ん素敵☆

でも美味しい話は次回に回して今日は小学校訪問のお話。
ちゃんと行ってるんですよ^^
朝8時からお昼3時半までというのが訪問時のスケジュールです。
今までに3回行ってきました。
その中で気が付いた事を少し書き出してみようと思います。

私が訪問した小学校はまだ築一年という新しい学校。
とっても綺麗でした。

小学校


一日目は2年生、二日目は3年生、3日目は4年生のクラスを見学させてもらいましたよ。
2,3,4年生で共通しているのは、生徒の数。
大体一クラスに先生一人、生徒は18~22名いて教室はこんな感じ。

教室


映画やテレビなんかで見るアメリカの教室と同じで、机と椅子が一体になっているのがわかるかなぁ。
私は個人的にこれあまり好きではありません(--ヾ
日本の机は机の下にお道具箱が入る棚がついていますよね?
アレのほうが絶対便利!
それにとても綺麗に片付いているように見えると思います。
それに比べてこの机と椅子一体のものは、椅子の下にバスケットがついていてそこに物が入れられるようになっているのですが、乱雑に置く為ブーブー。とても散らかって見えます。

そして私の小・中・高校には教室の一番後ろは3段のロッカーがありました。
みなさんのところもありました?
一つ一つが個人個人に割り当てられそこにかばんを入れたり、教科書入れたりしたと思うのですが、私の行った小学校は教室の後ろ半分にフックがあって、そこにかばんやコートをかけるようになっているのですが、荷物の多い子供達。とてもじゃないけれどそこに収まりきれなくて大変。
教室の後ろは乱雑でした。
でも4年生くらいになると先生が「コートはかばんの中にしまってフックにかけましょう」と指示されるらしく、年齢があがるにつれ教室の中も綺麗でした^^

ポスターとはた


どこの教室に行っても、色々なカラフルなポスターが貼ってあるんです。
先生が個人個人予算を貰い、自由に教室内をデコレーションできるのですって。

そして右側の写真を見てください。
アメリカの国旗。
こちらはどこの教室に行っても置いてありました。
で、ビックリしたのは毎朝この旗に向かって右手を胸に当てなにやら復唱するんです。
もちろん私は????状態。
でも2年生の生徒ですら、すらすらと旗に向かって何か言っていました。
きっと学校に入るとすぐに教え込まれるんだと思います。
「ぷれっじ」って呼んでいた様に思うのですが、すみません定かじゃないです。
夫に確認取りたいのですが、あいにく留守。
この件に関しては後ほどUPさせてもらいますね。

で、もうひとつビックリした事。
それは授業と授業の間に休み時間が無いの!
朝8時に登校。
8時半から授業が始まり、ランチまでず~っと休み無し。
1日1回、30分の休憩(体育をかねてるようです)が入る。それだけ。
教室を移動する時間を除くと教室に缶詰状態。
正直気の毒でした(--ヾ
日本だと授業と授業の間に休憩ありましたよね、10分。
2時間目の休み時間は長くて20分というのが私の小学校でした^^
この休み時間に外に出て遊ぶのがどんなに楽しかった事か!
それがあったから切り替えが出来たと思うんだけどなぁぁぁ。
どう思われます、皆さん?

そして最後はこちら。

手洗い


アメリカ在住の方はよ~く御存知かと思います。
雑菌を殺す為のローション。
ランチに行く前には手洗いではなく、全員にこのローションで手を綺麗にするんです。
先生が教室のドアに立ち、一人一人の手にプシュっとワンプッシュ。
中からジェルが出てきます。
それを乾くまで手に刷り込めばOKなんです。
確かにこれ便利。
私もかばんの中に忍ばせています。
でもそれは、出かけた先で手洗う場所が無い時や、動物を触ったけれど手を洗う場所が無い場合、こごまが色々触ってしまった時などに使うため。
毎日使うためには持ってないなぁ。
確かに水を使わせて濡れるよりはこっちが楽だし、手間も時間もかからないと思いますが、私としてはこごまには手洗いして欲しいなぁ。
私が古いのかな?
もっと前向きにこういう便利な道具は学校でも取り入れたほうがいいのでしょうか。
でも、手洗いって基本中の基本ですよね?
う~ん難しい。。。


さて、ここまで読んで皆様お気づきかと思います。
私アメリカの小学校と日本の小学校の違いについていけてません。
正直付いていきたいとも思っていない部分もあります。
日本の方が絶対よいとは言いません。
授業の進め方や教え方はアメリカ独特の方法があることもわかりました。
それはそれで受け入れますが、休み時間が無い、手洗いを省く、毎朝国旗に向かって忠誠を誓うというのは、あまりにもかけ離れすぎていて怖くなってしまいました。
こごまもこんな風な学校に入れるのかと思うと、日本にトンボ帰りしたい(><)
なれなんでしょうか?
でも子供が学校ですら子供らしく遊べない。。。
ず~っと教師の監視の下勉強。。。
う~ん、私にはわかりません。
先生が居ない教室って開放感がありませんでしたか?
鬼の居ぬ間に洗濯のような感じで友達と好きな男の子の話をしたり。

あっ、逆にこういう時間が日本ではいじめにつながるのかなぁ?
でもがんじがらめすぎてもいいのかなぁ。
皆さんはどのように感じられましたか?
御意見聞かせていただけると嬉しいです^^

スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

こんにちは(^^) 

う~ん!!アップルパイおいしそう~♪

小学校訪問、興味津々です~!
そうそう!英会話スクールの机と椅子も一体型で
よく物を落とします~(><)
紗夢ちゃんの小学校にもロッカーがありますよ!
ちゃんとみんなそこに荷物を詰め込んでいるので
雑然とした様子はないですね~。
え~!!休憩がないんですかぁ~。
トイレは授業中に行くのかしら??
紗夢ちゃんは5分休みと20分休みがあって
20分休みには、みんなで縄跳びしたりドッジボールをしたりしているようですよ!
その時間に図書館に行ったり・・・。
結構有意義に使えると思うんですけどね・・・・。
お楽しみ係が色々考えてくれるようですよ!
クラスの団結も高まるのではないでしょうか・・・。

ある程度休憩があるほうが
気分も変わってよいと思います~(^^)b

ローション便利ですね!
でも手洗いの習慣もつけた方が良いと思うので
緊急用かな~。

国旗のお話、また教えてくださいね~!



  • しゃらまむ 
  • URL 
  • at 2006.11.24 08:48 
  • [編集]

学校の違い 

ウチの娘が行ってる小学校は築40年の誰がどう見てもおんぼろのふる~い学校。

ママ友達の中にはこの学校に通ったわ~なんて人もいて、昔とのギャップを一切感じない昔そのものの学校です。

・・・なので、新しいだけでうらやましい~!!
とつい思ってしまいますが、休み時間が無いのはつらいなあ・・・。

友達とも絆はいつ深めたらいいのだろう?
部活?

虐めはしている暇がなさそうなので、発生しにくそうですね。

前にレイトンママのブログを読んだとき、すごく開放的で驚いた記憶があったけれど、実は授業が楽しいので気分転換の必要が無いとか?

今度の春休みに娘とプチ留学して小学校にも入れる予定なのでとっても気になっちゃいますv-356
  • うっかり主婦 
  • URL 
  • at 2006.11.24 09:00 
  • [編集]

経験として 

わが子を一度アメリカの小学校やキンダーに入れてみたかったのですが、叶いそうもないんでごまさんのレポートホントに楽しみです。

そうですね・・・・私がアメリカのNJの語学学校にいたときは休憩は5分だけでしたね。でもランチタイムは長かった気がします。

日本だと学校が終わったら塾や習い事があるお子さんも多いけれど、アメリカはそんなことないでしょ。だからどっちが先でどっちが後って話になってもいけないのだけど、「バランス」みたいな感覚かしら・・・・
ちなみに私の行ってた語学学校は、毎月小さなパーティが夜学校の食堂であったり、有料でアイスホッケーや博物館、美術館見学、ブロードウェイでミュージカル鑑賞(全てマンハッタンまでスクールバスで行きます)、無料でモールまでスクールバスで連れて行ってくれたり・・・・・あーーー思い出したら戻りたいです、あの頃へ。

これが24歳の時に経験した私のアメリカ体験だったので、アメリカの学校にはいい思い出だけが詰まってます。ホームステイではいい思い出ありませんけど、社会勉強にはなりました。

話が逸れましたが、アメリカは国家や国旗に対する忠誠心を養うこと大事にしていますよね。
深読みすると「いつも戦争している国」の啓蒙教育ではないでしょうか。
だって国を思ってこそ命がけでできることだったりしますよね・・・・戦争って。
日本も今「愛国心」を憲法に盛り込むかどうかでもめてましたけど、そういう教育って場合によっては必要でしょうね・・・・・私個人としては反対ですけど。
  • kuro 
  • URL 
  • at 2006.11.24 10:52 
  • [編集]

考えさせられました 

こんばんは~。
すごおおく考えさせられる内容でした。
私もごまちゃんが書いているのと同じ感想かな?
私の時代の学校生活は本当に楽しかったから。
先生にずっと管理されているのはいやはやどうかなああ。
ちょっと息がつまっちゃいそうですよね。
このシステムだと、学校でお友達ってできるのかな?
ランチとかの時間があるから、できるのかな?
疑問に思う私でした。

ただ、、、
一長一短かな。
日本の今の学校でものすごく問題になっているのが、
「学級崩壊」
かなり多いらしいです。
私の育った時代には考えられないことだけど、
今は先生が生徒に遠慮しちゃうそうです。

私の育ったような田舎の学校はまだ、私の育った時代のようなのんびりゆったり、先生も尊敬されて、、、という学校もあるようですが、、

今私が住んでいる関東では、学校が荒れているなーという印象を正直否めない状況です。
だからかな、、、お受験とかで必死でいい学校を探す親が多いの!
日本で教育関係のお仕事を長くしていたので、学校関係者の方とも親交があるんだけど、、
本当にぞっとするような状況が繰り広げられている学校多いみたいです。

そう考えると、、
今の日本のこういう状況下の学校だとしたら、アメリカの学校システムのほうがきちんと勉強できていいのかもしれない、、と思ったりもして。。
先生が授業をできない、学級崩壊をしている学校なんて、、恐ろしいですよね、、

ごまちゃんや私が育ったような学校。
本当はそんな学校がいいのにね。
悲しいねー。
子供が学校へ行くのが楽しくってしょうがなかった、、そういう時代はもうこないのかなああ。。。。
私も、息子を学校へ行かせることを考えると本当に頭がいたくなってしまいます。今近くにある公立の小学校がすごく荒れててね、、、通学してる生徒さんたちみるだけでも、運動場で体育の授業の生徒さんみるだけでも、ぞっとするほどなの。。。小学生なのにね、、
学級崩壊、、
アメリカの小学校はそういう問題はないのかな?

ごまちゃんの学校の記事、本当におもしろいです。また楽しみにしていますね。
  • サン(a gabby duck) 
  • URL 
  • at 2006.11.25 23:06 
  • [編集]

NoTitle 

お久しぶりです。ごぶさたしちゃってる間にご懐妊してたごまさん!!
おめでとうございます~!!!遅ればせながら。
それでも小学校訪問など、パワフルだわぁ!
お身体お大事に。

さて、楽しみなアメリカの学校風景。
この教室、よくテレビで見ますね。
まったくこんな感じなんだぁ。
この机、私は嫌いじゃないですよ。
確かに日本のスタイルのほうが使いやすいとは思いますけど、ほら、よく二本足とかやりませんでした?
イスを後ろに傾けて、ゆらゆら~って。
アレやっぱり大人からみたらよくないですよ。
それと、教室が広いのかな。
机の間隔が広い気がします。
前の人に隠れてマンが書いたりできませんね。
早弁とか。(笑)

あ、そうね、そうね。
授業の間の休み時間はゼッタイ必要!!
5分でもぜんぜん違いますよね。
そして、手はやっぱり水で洗いましょう。
日本人ですもんねぇ。そう思います。ごまさんに一票!
  • aiko 
  • URL 
  • at 2006.11.26 00:24 
  • [編集]

NoTitle 

体調どうですか?
Thanksgivingはゆっくり休めましたか?
無理せず、旦那様や義理家族に甘えて(赤ちゃんの為に)休養いっぱい取りましょうね(^_-)-☆。

それ↑Pledge of Allegiance(忠誠の誓いの言葉)ですよね。
私も最初に聞いたときは驚きました。
でもアメリカ生活が長くなるに連れて、それもありかな?と思うようになってきました。
この件に関しては、いろんな意見や解釈の違いなどがあるので難しいですよね。
私としては、多種多様の民族、文化、宗教が混在するアメリカなので、1つ共通する意識(愛国心)を育てるというのは必要かなと思います。

以前「Under God」の部分で問題になったことがありましたね。あれって結果どうなったんでしたっけ??

手洗いは絶対水と石けんが良いよねぇ~。
私も消毒用ローションを常備してますが、あれは非常用です。
私もごまちゃんに一票!
  • mamaro 
  • URL 
  • at 2006.11.26 01:44 
  • [編集]

しゃらまむさんへ。 

こんにちは。
トイレの件ですが、授業が一段落して、次の授業に移る前に先生に尋ねて先生の許可が出ればトイレにいけます。
でもね、トイレに行くときは必ず入り口のドアにおいてあるノートに名前と時間を書き込んでSign Outしないといけないの。
そして戻ってきたらSign Inするという感じ。
私達にはなじみが無いのでとっても???なしステムですよね。
教師によってはパスを作っていて、トイレの許可を与えた生徒がトイレに行く時に、「トイレ」のパス(札)を持たせる人もいるようです。

そうそう、20分の休憩の時にはみんな外に出て遊びましたよね~。
ボールで遊んだり、遊具で遊んだり。
楽しかったんだけどなぁ。
私もしゃらまむさん同様、決まった時間に休憩に賛成派です。

ローション、確かに便利。
私も使い始めて便利だなとは思います。
でもやはり親としては手洗いも覚えて欲しいですよね~。
合理的だけれど、基本的なところが出来てないようなきがするのは私が古いのでしょうか。

国旗の話確認取れましたので今日少し書きますね^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.11.27 06:03 
  • [編集]

うっかり主婦さんへ。 

こんにちは。
ね~新しい校舎羨ましいですよね^^
新しいと綺麗だもの☆
それに色々な設備が整っていたので、ぜひこごまはこうやって環境が整っているところに入れたいなと感じました^^

でも、親が通った校舎に子供も通うのもなかなか捨てがたい。
授業参観の時に「あ~こうだったなぁ」と思い出がよみがえりそう~(><)

子供達同士の交流っていつやってるんでしょうね。私も不思議です。
小学生の間は部活などは盛んではないそうです。
私も聞いたの、課外活動ありますかって。
そしたら「小学生の間は参加じゃないわ」との返事でした。
よくよく聞いてみると野球チームなんかも地域で組んでるようですよ。
学校単位ではないそうです(小学生の間)
同じスクールバスに乗り合わせた子同士が仲良くなる事はあるかと思いますが、スクールバス内での喧嘩もあるようなので、本当いつ子供達は交流を深めているのか私にも謎でした。

授業楽しいかなぁ。
確かに日本の授業と違って発言をする機会は多いと思います。
そういう意味で授業中に先生を交えての交流が持てるかな。
でもやはり授業は授業、日本と比べて断然楽しいって事はないんじゃないいかなと私は思います。

春休みに留学ですか。
楽しみですね^^
きっと有意義なものになると思いますよ^^
日本の小学校と違うので最初は戸惑うかと思いますが、すぐに慣れちゃうんじゃないかな。
私もね、こごまを里帰り中に保育園に入れるのちょっと心配だったの。
今まで団体生活なんてさせたこと無かったし、言葉の壁が全く無いわけでもなかったので。。。
でも、心配の必要ありませんでした^^
すぐに慣れちゃってこちらが拍子抜けするくらい。
短期留学のよいところは、美味しい所取りできるところだと思います。
長期居ると、授業についていく為の言語力が必要になるから長期戦。覚悟が必要だと思いますが、短期だと雰囲気を楽しむ、違いに気が付きそれを受け入れる、体験する、今まで培ってきた語学力の実践、達成感、いろいろなものが短期で得られると思います^^
うっかり主婦さんたちの短期留学体験談のUPがとっても楽しみなりました。
春休みまで私もまてなぁぁい(笑)
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.11.27 06:20 
  • [編集]

Kuroさんへ。 

こんにちは。
Kuroさんの気持ちよくわかります。
御主人がアメリカ人で、お子さん達もアメリカ国籍を持っているのだから、一度はアメリカでの学生経験をさせたいと願うのは親心ですよね。
私がこごまを日本の小学校を経験させたいと思うのと同じかと思います。

二つの国籍を持つ子供達。
言語だけでなく、二つの国の文化、生活習慣などもやはり知って欲しいですよね、わかるわぁぁ。
私も「節分」「七夕」「お正月」「運動会」「遠足」「学芸会」など日本ならではの行事息子に経験させてあげたいです。

へぇ~休憩5分だったのですね。
私の通う学校は単位制なので日本の大学と似てて取ってる授業によって空き時間が出来たりはしますが、基本的には次の授業が始まるまで10分の間が開いています。
移動時間の考慮なのかな。

いいですねぇ~、語学学校。
色々な観光にも連れて行ってくれるんだぁ。
魅力たっぷりですね^^
私も行きたい!

私も国家、国旗への忠誠の強制教育には馴染みが無いので受け入れるのに時間がかかりそうです。
私自身はアメリカ人ではないので、「ふ~ん」くらいのものですが、実際アメリカで教師として仕事をするのならばアメリカ政府の方針に従って教育をしていかなければならないので避けては通れない(T-T)
私は毎朝この誓いの時はとっても居心地悪いです。
アメリカ人じゃないのに忠誠誓わされるの?ってすんごく思います。
そして、日本人でもあるわが息子もこれをやるんだぁと思うと非常に複雑です。
これやらないって拒否したらどうなるんでしょうね。
学校の先生にこっそり聞いてみようと思います。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.11.27 06:32 
  • [編集]

サンさんへ。 

こんにちは。
サンさんは楽しい学生時代を過ごされたのですね^^
私も高校は楽しく過ごせました^^
でも小・中学校は苦しかったように思います。
別にいじめられていたわけではないのですが、学校の雰囲気があまりよくなかった。
特に中学は最悪で、生徒同士のぶつかり合い。
女の子同士は特に陰湿な関係、グループ同士の対立、上下関係、思春期ならではの葛藤というのが学校内で渦巻いていて、とても暗かったように思います。
でも一番鍛えられたのも中学だったかな^^

私も学級崩壊の話は聞いたことがありますが、実際学級崩壊したクラスを見たこともないので、どういうものが学級崩壊なのが実態をつかめずに居ます。
ブログに遊びに来てくださるヤンマーさんは現役小学校教員をしてらっしゃるので意見交換させてもらうこともありますが、「昔とは子供が違う」っておっしゃていました。
子ども自身が昔とは変わってきていて幼いようです。
未熟な者同士のぶつかり合い、考えただけで怖いです。
正直どうやって導いてあげたら良いのかわかりません。
あ~こんなんで先生できるかなぁ。心配。

アメリカでは「学級崩壊」という言葉は耳にしませんが、学区によっては最悪なところもあり生徒たちに落ち着きがなく、注意するのに時間が取られ授業が進まないというのはあるようです。
小学校に入ったばかりの女の子が母親に「勉強したいのにみんながおしゃべりして勉強できない」と嘆いているという話を近所で聞きました。
でも最悪な事に2ヶ月もしたらその女の子慣れてしまって学校は騒いで授業が進まないそれが当たり前なんだと思うようになり、彼女自身勉強に本腰入れなくなったそうです。
これがアメリカ流「学級崩壊」かな?

サンさんの心配わかります。
我が家も息子の学校どこにしようかという話で持ちきりです。
お互い子供達にとって一番良い環境に持って行ってあげられるといいですね。
頑張りましょう^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.11.27 06:59 
  • [編集]

aikoさんへ。 

こんにちは。
ありがとうございます^^
来月の半ばには病院に行って検査してもらおうと思っています。
今どこの病院にしようかなぁって迷ってるところなの^^
それも楽しみの一つだったりします^^

aikoさんと同じで私も同じ事思いました@椅子に座ってプラプラ。
やりますよね~子供。
って他人事のように言っていますが、実は私もよくやっていました。
あれ危ないんですよね。わかるわかる。

教室は私も日本より少し広い感じがしました。
特に小学校にしては広いかな。
ただ私は一クラスに40名生徒が居るような小学校だったので、アメリカの20名前後の生徒数が理由で広く感じたのかもしれません。

そういえば私は中学の時隠れて漫画読んだわぁ。
懐かしいなぁ。
見つかってぶっとい漫画の角で頭ガツンと家庭科の先生にやられました(笑)

やっぱり休憩は必要ですよね~。
その間にきちんとトイレに行き、次の授業の準備を自分でする。
自己管理を促す意味でも取り入れたらいいのにと思います^^
本当、手くらい洗って欲しいですよね(笑)
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.11.27 07:08 
  • [編集]

mamaroさんへ。 

こんにちは。
こごまが風邪を引いてしまい、貰いそうになりましたが何とか持ちこたえています^^
そちらはどう?
家族みんな元気にしてますか?

そう、それ!
Pledge of Allegiance
スペルまで素晴らしい!
実は週末に友達に聞いたら「スペルはわかんない」って言ってました(笑)
mamaroさん、その辺のアメリカ人より凄い、凄い。
やっぱりビックリした?
私もビックリしました。
傍目で見てる分には「ふ~ん」くらいにしか思いませんでしたが、私もやらざるを得ない状況に置かれた時に拒否反応が出ました(--ヾ
アメリカ人じゃないのになんで?って。
でも生徒が見るんですよ~(T-T)
もちろん何を言ってるのか私にはわからないので、黙って右手を胸に当てているだけですが、それすらいやだったなぁ。

Under Godの部分どうなったのかなぁ。
私もちらっと聞いたことがありますが、わかりません。
あと1度学校訪問が残っているので、その言葉が含まれているかどうか注意して聞き耳立てておきますね^^

あれ非常用に便利ですよね~。
外出中に食事をドライブスルーで済ませるときなんてもってこい♪
After Thanks Giving saleで買い足してきました^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.11.27 07:21 
  • [編集]

NoTitle 

こんばんは。
アメリカの小学校のイメージちょっと違ってました。
もっと自由があるのかと思ってました。
実は日本の方が自由が多いんですかね?

椅子が付いた机って、アメリカっぽくて好きな感じでしたが、使い勝手が悪そうですね。
確かに学生時代外人の先生の授業だけそういう机がありましたが、机が狭くて使いにくかったです。

手洗いとか衛生的なことは、省かない方がいいなぁと私も思います。手を洗った上で、殺菌を殺すスプレーをするほうがいいなぁ(モスバーガーとかにありますよね)と思ってしまいましたが、それは、気にしすぎですかね??
  • 子供と英語がんばるぞ! 
  • URL 
  • at 2006.11.27 22:47 
  • [編集]

NoTitle 

教育システムは万国それぞれの方法があるようですね。
以前行ったドイツでは昼ごはんが一番大事らしく、家族で食べるのが普通らしいです。じゃー昼休みに家に帰るの?って聞いたら、そもそも昼までしかない!って言われました。日本じゃ考えられないですね。毎日(実際は週一回、長い日があるらしい)半どんですよ(笑)

アメリカで小さい頃から国旗を大事にするのは愛国心の強さなんですかね。日本では国旗掲揚が問題になるくらいですけど・・・。
小さい頃から「この旗の下、国家の一員となる」自覚が養われるんでしょうね。だから、国家を動かす大統領は絶対的な存在であって、選挙なんかにも興味が湧くのかもしれませんね(その割には個人主義がまかり通ってるけど)。日本の総理大臣ではそこまで崇拝されませんからね。
まぁ、今のブッシュ君はかなり叩かれてるところもありますけど、それでも大統領の権限は絶大ですからね。
  • りおダディ 
  • URL 
  • at 2006.11.28 04:37 
  • [編集]

子供と英語がんばるぞ!さんへ。 

こんばんは。
日本の方が子供たちの自由に使える時間は用意されているかなと私も感じました。
それに日本では子供の自立を促すかのように休み時間にトイレを済ませるようにしていますよね。
私はそっちのほうが好きだったりします。

そうそう、あの椅子と机の繫がった机って使い勝手があまりよくないですよね。
慣れてしまえばよいのでしょうが、やはり使い慣れたものの方が使いやすく感じてしまいます。

手洗いは生活の基本ですのでやはり省かないで欲しいですよね。
日本人的な考えなのかなぁ。
でも逆にこうやって生活の基本をおろそかにしないところが私達日本人のよさなのかも♪
私もジェルを併用でもいいけれど、手洗いを先にさせて欲しいです。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.12.02 13:37 
  • [編集]

りおダディーさんへ。 

こんばんは。
わぁぁ、ドイツでは毎日学校は半日なんだぁ。
凄い。
宿題の量とかが多いのかなぁ。
それとも学校だけでしっかり教えられる制度があるのかしら。
もしそうならぜひぜひその制度お手本にしたいものです。
毎日が半日の学校の先生って最高ですね。
ドイツで教えたい(笑)

色々な考え方があって面白いなとは思いますし、アメリカに住んでいるとはいえ私にとっては母国ではないのでどうぞご自由にと思っていましたが、実際に強要される立場に立たされるとそんな悠長な事言えなくなってきました(--ヾ
ブッシュも残り2年ですね。
本来ならインディアンの呪いのせいでブッシュもオフィースで死を遂げる事になっていますが、呪いの効力は今でも続いてるのかな。
絶対の力を誇るアメリカ大統領VSインディアンの呪い。
こわっ。

話がずれましたが、そうですね日本の総理大臣はアメリカの大統領ほどの尊敬は受けてないかも。。。
ちょっと「けっ」って国民に思われてるところがあって総理大臣頑張れと激を飛ばしたいです。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2006.12.02 13:50 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/321-63cd002c

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。