バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式2007年

こんにちは。
昨日5月16日(火)6:30pmから私の卒業式でした^^
こごまを預けて夫と二人で会場へ。
アメリカの卒業式のイメージはなんと言ってもあの黒いおそろいの服!
あれって生徒だけが着るものだと思っていましたが、教授や式に参列する職員も着るんですね。
どういう基準になっているのかはまったくわかりませんが生徒のものとはちょっと違ったもので個性豊かななものをみんな着ていました。
卒業式に参列したのは生徒だけでも200名近くいたんじゃないかなぁ。
大人数でした。
雰囲気伝わるかな。
卒業式


ちなみに右側は私が卒業証書貰ってる写真です。
夫頑張って前に出てズームも使って撮ってくれたそうですが遠いですね(--ヾ
まぁ、雰囲気が伝わればいいかな。
6時半に始まった式典、終わったのは8時半。
長かった~(笑)

日本の卒業式って校長先生から卒業証書渡されるじゃないですか。
アメリカでは、卒業式の時は校長(学長)から手渡されるのは空の証書入れのみ。
式が終わってから別のところで証書を受け取るのが一般的だそうです。
私達の卒業式もその例に漏れず、後で証書を受け取りました。
これが長い、長い。
私はたまたま最初から15番目くらいだったので、退場してから10分後には証書を手にしましたが、後ろの人達は2時間くらい待ったんじゃないかなぁ。
最初のほうでよかった~(><)

会場が家から1時間もかかる場所だったのと、証書を貰ってお世話になった先生にちょっとしたプレゼントを渡すまでをダッシュでこなしましたが9時前。
こごまを預けている上、お腹も空いていたのでゆっくりせずに家路に着きました。

帰りにまだ開いてるお店ということで、アップルビーというステーキハウスへ。

Applebee’s


どうしてもパスタが食べたくて、私はパスタ。
夫はリブとステーキのセットもの。
教訓・ステーキハウスでパスタは注文すべからず!(笑)
まずくはないけれど、特別美味しいわけではありませんでした(--ヾ
二人とも全部は食べられなかったので、お持ち帰り~。
夫はお昼ご飯に持っていくてと言ってくれたので、今朝は朝寝坊させてもらいました♪
そしてチーズたっぷりのこのパスタ、こごまに大好評でお昼にたくさん食べてくれたのでこれまたお昼を作らずに済み、母楽させてもらっちゃった♪

卒業式の話はこれくらいにして、友達から聞いた新しく生まれてくる下の子と上の子の関係をスムーズにスタートさせるためのちょっとしたアイデアの話をちょっと書いてみようかと思います。
私は全く思いつかなかったことだったので目からうろこなお話でした。
その友達には3人の子供(女・女・男)がいるので彼女の家には女の子のおもちゃがた~くさん。
家族3人で遊びに行った時、こごまがたくさんある玩具から赤ちゃんの人形を選んでミルクをあげて遊んでいたんです。
それを見て私は「あ~赤ちゃんが生まれたら手伝いしたがるんだろうな。」と感じました。

ですが彼女は「ほら見て、男の子でもこうやってお人形で遊んでもいいのよ。ママが赤ちゃんにミルクをあげてる時にはこごま君もこごま君の赤ちゃん(人形)にミルクをあげられる。ママと同じことをしているんだって喜ぶこともあるわよ」
なるほどぉぉぉぉ。思いつきもしませんでした!
よく聞くことは「何でも手伝いさせて疎外感を味わわせないようにしなさい」ということくらい。
彼女からのアドバイスは本当に目からうろこでした。
そっかぁ、本物の赤ちゃんを触るお手伝いだけじゃなくて、ママと同じことを疑似体験することで得られる満足感もあるのか!
もちろん、赤ちゃん人形買いに行く予定です^^
お人形、ミルク、オムツ、洋服などがセットになってる玩具が売ってるんです。
おまけにそのお人形用のカーシートやベビーカーなんかも売っていたりするんだから本格的ですよね^^
こちらは渡すタイミングを何時にしようか迷っています。

そしてもう一つ彼女が実行したという体験談を一つ教えてくれました。
お姉ちゃんに、妹からという設定で「これからよろしく」プレゼントを用意したのだそうです。
サンタさんやイースターバニーを信じている年齢の子ですからもちろん妹からだと言われれば妹が持ってきたものだと信じてくれます。
そうやって妹がお姉ちゃんに好意を持っていると感じる事で二人の関係がスムーズにいく手助けになったそうです。
「妹があなたが大好きだからプレゼント持ってきたんですって。」とフォローも忘れずに!だそうです^^

どちらのアイデアも私は全然思いつかなかったことです。
考えてみるとそうですよね。
下の子へと色々なところからお祝いが届いたりするのを目の当たりにする上の子、自分は愛されてないって感じたり、どうして妹・弟だけ?と感じるものなのかも。。。
そういう嫉妬心を和らげてあげる意味でも効果があるのかもしれません。
私も「弟からのプレゼント」を病院に訪ねてきてくれたこごまに渡そうかなと検討中です。
なぜ検討止まりかというと、こごまが受けるであろうストレスって誰でも経験する事。
自然な気持だと思うんです。
そういう気持ともきちんと向き合わせるべきなのか、手助けできる方法があるのならとことん利用してストレスを軽減してあげるべきなのかで迷っています。
正直嫉妬心と向き合わせると言ってもどうやっていいのかわからない部分もあるし、こごまの嫉妬心と向き合う私にストレスが溜まるのも目に見えている。
ならば物で誤魔化す形でも、ストレスを軽減させるほうがいいんじゃないか。。。色々考えています。

みなさんは上の子と下の子の関係をスムーズにする為の工夫ってしましたか?
ぜひぜひお話聞かせてください。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

こんにちは(^^) 

ごまさん!ご卒業おめでとうございます(^^)
雰囲気伝わりました!アメリカの卒業式って庭でやるんですね♪

上の子と下の子の関係かぁ・・・・。
紗夢ちゃんはとっても理解する力があったので、いろいろと説明しました!紗夢ちゃんの話を聞いて気持を分かってあげた上でがまんしなきゃいけないところは分かってもらいました。
亜琉くんが何かできるようになって褒めた時には、紗夢ちゃんもそうだったんだよ~と赤ちゃんの時の話をしましたし・・・・。あとは比べないこと、ですね。親が兄弟を比べると、兄弟の中で競争心が起こり、兄弟仲が悪くなると聞いたので、これには今でも気をつけています。紗夢ちゃんを褒めたら亜琉くんももちろん褒めます。
上の子も、ママが気持を分かってくれて自分も見てくれていると分かれば、多少の嫉妬心はあっても乗り越えられるのではないかなぁ~。
家族の絆がしっかりしていれば、ちゃんと下の子を家族としてむかえてくれるのではないかと思います(^^)
でも妹からのプレゼントっていうのもよいアイデアですね♪

そうそう!亜琉くんも姉の影響でお人形やぬいぐるみの世話をしてますよ(^^)b
男の子はそんなことしないよ~と言った事はありませんし、姉のまねは何でもしながら色々と吸収してるみたいなのでぜんぜん気にしてないです~(^^)
ママのまねができるのってなんだか大人になった気分で楽しいですよね♪
  • しゃらまむ 
  • URL 
  • at 2007.05.17 08:24 
  • [編集]

 

卒業おめでとうございます。
あの帽子と黒服はいいですね~。
そういえばうちの娘もプリの卒園式
の時に着ましたよ。
ごまさんを見てると、私ももう
一回大学行きたいなと思います。
二人目ができた時の対処法は
なかなかアイデアものですね。
上の子を立てる方がいいとは、よく
聞きますが、赤ちゃん人形とは
考えつかなかったですね。
確かにそうやって自分も参加してる
って感じるのはいいかも!
こごま君結構いいお兄ちゃんに
なりそうですよ。
  • まめっちママ 
  • URL 
  • at 2007.05.17 12:45 
  • [編集]

 

ごまさん、卒業おめでとうございます!!

写真からすると、屋外であったんですかっ?(違ったかな?!) 私も数年前に卒業したのですが、うちの大学はアリーナというか、体育館でありました。 ひろーい館内に、私の名前が呼ばれた時に、一人”ヒューヒュー”と盛り上げてくれた旦那(笑)。 その寂しい事と言ったら(苦笑)。 なんとなくこれが忘れられない思い出です(ぷっ)。

我家の場合、下の子が産まれた時に、ダディとマミーからという事で、上の子にお手紙をあげました(あと姉妹関連の絵本もあげました)。 要は、下の子が生まれても、上の子に対するダディとマミーの変わらぬ愛情を訴えたもので(もちろん文章は子供向けにですが)。 あと、もう子供が数人いるお友達や親族は、ちゃんと上の子が取り残された気持ちにならないようにと、ちょっとしたギフトをくれたりして、その心遣いには感謝でした。 それと産後は、しゃらまむさんのおっしゃっているように、上と下を比較しない、というのを我家でも努力している所です。 
  • ジーン 
  • URL 
  • at 2007.05.17 12:53 
  • [編集]

おめでとう! 

こんばんは^^

卒業おめでとうi-189
今までよくがんばりましたねe-420本当に偉いな~i-184きっと今頃は達成感でいっぱいなのでは?^^
気持ちいいのよね、達成感i-185
次は出産に向かってがんばってねi-86

上の子の気持ち.............
ドキッ(@@)まさに今のFuzzy家の状態よね^^;
Souもやはりママの真似でおっぱいやおんぶを人形でやりましたよi-179
しかも、何でやったと思う?
「しまじろうパペット」よi-237(笑)
SOUはしまじろうパペットをこよなく愛していたので、そりゃもうお世話してたよ。「Souちゃんの赤ちゃんかわいいね~」「Cocoちゃんもかわいいね~」なんて二人で言いながら、やってました(笑)こごま君ももしお気に入りのお人形がいたら、特別に購入しなくても大丈夫じゃないかしら^^

それと今、これをやって良かったなぁと思うことは、出産したその日から狭い部屋に家族全員で寝泊りしたこと。
Souは家でお留守番ではなく、狭いベッドでママと一緒に寝泊りしました。
それがSouにとってのけものにされてないと感じ取った第一歩だったのでは?と思ってます。
退院後はやはりやりたいことはお手伝いさせました。
Cocoちゃんかわいそうでしたよ~。
お風呂で顔をガーゼで拭くとき、びちゃびちゃガーゼでびた~っとかされちゃってて(--;
息吸えるのかしら状態でした(笑)
他にも色々手伝ってもらいました(←余計時間がかかるのですがね~)
ゆっくりゆっくり時間をかけて、素敵な家族を築き上げていって下さいi-178
あ、あとね人前では「良く赤ちゃんの面倒を見てくれるのですよ~、いいお兄ちゃんですよ~」と言ってあげると本当にそうなりました(笑)
ごまさん、子供はうまくおだてて手のひらで転がしてi-237
  • Fuzzy 
  • URL 
  • at 2007.05.17 21:59 
  • [編集]

しゃらまむさんへ。 

おはようございます。
ありがとうございます。
私の学校は庭でした。
比較的暖かいから可能なようで、もっと北に住んでる友達は日が落ちると寒いから野外では無理って言ってました。

私も比べるのはあまりよくないと聞きます。
自分こそ一番可愛がられた!とそれぞれが思っているのが一番よい関係だといいますよね。
でもそれってどうやったらそう感じてもらえるんだろう。。。
一人誉めると、もう一人も誉めるかぁ。
なるほど。
相手を認めてあげる意味でも「お兄ちゃん凄いね^^」とか「xxx(弟)凄いね」とか言ってもいいものかと思いましたが、そうすると下手に競争心を煽ってしまうのかも!
気をつけます。

お人形遊び、男の子でも楽しめるものなのですね。
うちお人形ってないんです(--ヾ
ぬいぐるみもカエルのが一つだけ。
しかも息子全然興味なさそうなのは人間の形をしてないからでしょうか?
昨日さっそくお店に見に行ったのですが、ピンクばっかりでした(T-T) 
男の子用の赤ちゃん人形って無いんですね。
出産までに見つけられるといいな。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.17 23:00 
  • [編集]

まめっちママさんへ。 

おはようございます。
へぇ~幼稚園の卒業式でもあの黒い服着る事あるんですね^^
急に大人びて見えたりしたのでしょうか。
想像するだけでかわいい~(><)
私の学生生活まだまだ、まだまだ続きそうですが、時間と経済力が許す限り頑張ってみようと思います^^

おぉ~、まめっちママさんから見ても赤ちゃん人形よさそうですか?!
じゃぁやっぱりぜひやろう!!
全てが手探り状態なので、子育て先輩ママの御意見は本当ありがたいです。
いいお兄ちゃん、なってくれるといいのですが。。。
ふぅぅぅ、心配です。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.17 23:06 
  • [編集]

ジーンさんへ。 

おはようございます。
ありがとうございます。
短大ですが3年かけての卒業となりました。
長かったような、あっという間だったような。。。
9月からは4年大学が始まります、そしてその後は院、それからまだまだ先が続くので一体いつまで続くの学生生活。。。と気が遠くなりそうですが、とりあえず一段落となりました^^

あ、わかります、わかります。
知り合いの名前が呼ばれたら「ひゅ~。いえぇぇぇい」みたいに言いますよねアメリカ人。
あれって無ければ無いで寂しいので、御主人がサポートしてくれてよかったですね^^

なるほど、両親からのお手紙ですか。
それもいいですね^^
上の子が一番ほしいのは親からの変わらぬ愛情、関心、スキンシップですものね。
一番いいプレゼントかもしれません。

周りが上の子ようにプレゼント用意してくれるってありがたいですよね^^
これも子育てを経験したからこそ思いつくことなので、私もしてあげる側になった時にはそういう心配りができるようになりたいなと思っています^^
上と下を比較しない!はよく聞きますがみなさんかなり気をつけてらっしゃるんですね。
私もしっかり頭に刻み込むぞ。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.17 23:22 
  • [編集]

Fuzzyさんへ。 

おはようございます。
ありがとうございます。
卒業はしたものの、4年大も同じキャンパスに通うので9月からの学生生活が大きく変化するわけではありませんが、やっぱり気分的にはちょっと大人な気分(笑)

そういえば、うちのしまじろうパペットどこに行ったんだろう・・・
行方不明です!!
こごま人形やぬいぐるみで遊ぶってあまりないんですよぉ。
っていうかお人形がない。
ぬいぐるみもカエルのが一つだけ。
これっていいのかな・・・(--ヾ
Fuzzyさんのお宅でも人形役立ったのですね。
ママと同じことをして得られる満足感ってやっぱりあるんだ!
お人形に関しては私も取り入れようと思います。

添い寝してらっしゃるのですね。
うちは夜中に起きてきて私達のベットに入ってきます。
でも昨日はなぜか「怖い~」と泣いて夫が添い寝していました。
これも甘えの一種なのかなぁ。
添い寝を要求された時には添い寝してあげるのが得策なのかどうか判断が付かずあたふたしています。

やっぱり。。。
お手伝いしてくれるのはありがたいけれど、余計に手がかかる、ちょっと危ないというのはつき物のようですね。
私もかなり覚悟してはいるものの産後は神経質になってこごまの手伝いを受け入れてられるかと心配しています。
はぁぁぁぁ、考えれば考えるほどなんだかブルーです(T-T)
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.17 23:33 
  • [編集]

はじめまして。 

足跡をいただいていたようですので、
ちょっと訪問しました。^o^
すごいですね~。ご卒業おめでとうございます。
(と、訳もわからず、皆さんのマネして言ってみる。)
でも、私も大学時代にカナダで学生やってた頃がありまして、
向こうのレポートの多さは経験してます。
英語を母語としない身でご卒業できたってのは、
やっぱり本当にすごいです。
今後のご活躍に繋がるといいですね!
また遊びに来てください。
何の教養にならないアホネタばっかですが・・・

  • ルーシー 
  • URL 
  • at 2007.05.18 07:29 
  • [編集]

ご卒業おめでとうございます! 

長い間よく頑張りましたね!
良い成績を取っての卒業・・・中々できるものではありません。

生まれてくる赤ちゃんとの関係、気になりますね。

でも、いろいろ対策があるみたいなので当面は大丈夫だと思います。

赤ちゃんに対する嫉妬はなければ無いほうがいいと思います。
一番関係が大変なのは実は1歳半から2歳代です(うちの場合ですが)

ご存知の通りこの年代は宇宙人で、理屈などとおりません。

しっかりとした理性を持ち、計画的に物事を進めようとする上の子にちょっかい出しては大喧嘩するのです。
大事な絵本も両側から掴んで破いてしまうし、出来ない事でも上のまねをして大事なノートに落書き・・・などなど。

あかちゃんの頃はせいぜい無くだけだし邪魔もしない弱い存在なので一緒に可愛がってくれると思いますよ。

さて、妹に邪魔されまくって大人しかった姉はすっかりガラが悪くなりました。

・・・でも、逆にお友達にも嫌な事はいやとはっきりいえるようになり、今の自分の方が好きだといっています。

下の子の邪険にされてもお姉ちゃんが家族の中で一番好きだといっています。(母より好きと言うところが泣けますがv-406

兄弟って面白いものですね。
  • うっかり主婦 
  • URL 
  • at 2007.05.18 08:35 
  • [編集]

ルーシーさんへ。 

こんばんは。
はじめまして^^
足跡見て遊びにいらしてくださったのですね、ありがとうございます。
そしてお祝いのお言葉までいただき本当にありがとうございます。
これから先もまだまだ続く学生生活ですが、とりあえず一段落です。
次は目前に迫った出産だわと緊張しつつあります。

お言葉に甘えてまた遊びに寄らせてください。
次のUPも楽しみにしています。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.18 13:50 
  • [編集]

うっかり主婦さんへ。 

こんばんは。
嬉しいお言葉ありがとうございます。
夏は十分休んで気力、体力ともに温存しまた9月からの学生生活に備えようと思います^^

やっぱり。。。赤ちゃんへの嫉妬は感じなくて済むのならそのほうがよいですよね。
どんな手段を講じてでもストレスを取り除いてあげる方向で考えていこうと思います。
後押ししてくださってありがとう、うっかり主婦さん。

あ~そうかぁぁぁ。
思いつきもしませんでした。
最初は寝てるだけですものね。
それが色々大事なものを触るようになると嫌がるだろうなぁ。
今から目に見えるようです(T-T)
大事なノートに落書き・・・
やりそうだなぁぁぁ(笑)
3歳のこごまですら時々私のノートにやってくれます(--ヾ
子供部屋は一緒にしようかと思っていましたが、荷物や絵本を置く場所は分けたほうがよさそうですね。
役立つアドバイスありがとうございます!
あ~それにしても後6週間で出産かぁ。
早すぎる。。。
なんだかちょっと怖くなってきました。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.18 13:57 
  • [編集]

ご卒業おめでとうございます 

ご卒業おめでとうございます。
学生、母、主婦、妻と、4足のわらじをはいてがんばっていたごまちゃん。
本当に本当に
おめでとう~。

よくがんばって卒業までたどりつきましたねー。
がんばっているんだろうけど、
歯をくいしばって、
泣きながらー
っていう感じではなく
楽しみながら、
っていうのがつたわってきて、

いつも凄いなーって感心させられる日々でした。

卒業後は、教師として教壇に立つまで、勉強を続けられるのですか?

生まれてくる赤ちゃんと
こごま君の子育てにしばらく追われることになるとは思いますが、

ごまちゃんのこと、
いつか自分の教壇に立つ姿を思い浮かべながら、
夢を実現させるために、
無理なく
すすんでいくことと思います。

がんばってねー
そうしてこれからもかげながら応援させてくださいねっ。

さてさて、
二人目や三人目について。。
上の子との関係の築き方。

ごまちゃんのお友達のアドバイス。
本当に目からうろこというか、、
私には考えられないような視点。

一つの事象、出来事に
いろいろなアプローチの仕方があるんだなーとあらためて思いました。

我が家の場合は、二人目、は無理ですが、、
息子が今から成長していく過程において、息子が体験するであろう嫉妬心がおこるできごとや、新しい環境に順応するときのとまどいなどを、親としてどう受け止めて、助けたり、できるか、、っていうのにとても参考になりました~。
  • サン 
  • URL 
  • at 2007.05.18 22:39 
  • [編集]

サンさんへ。 

おはようございます。
ありがとうございます。
3年って長いですが、渦中にある時は本当早かった~。
またこれから最低でも3年学生生活が続きますが、今回のように早く過ぎ去ってくれるといいな(笑)

私も、友達からのアドバイスはとても新しい視点でした。
全然思いつかなかったし、考えもしませんでした。
私の子育てはパタパタしてて全然落ち着いて向き合う事がないのですが、サンさんはしっかり向き合って大切に大切に子育てしてらっしゃいますよね。
私もサンさんのように丁寧に子育てしたいなぁと常々思っているので、今回友達のアドバイスもひとつのきっかけとして受け止め、丁寧な子育て心がけたいです。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.18 23:15 
  • [編集]

遅ればせながら 

ごまさ~ん。
とっても遅くなっちゃったけど、御卒業おめでとうございます。

ここまで本当によくがんばりましたね。
ハグしたいさ~。
こごまちゃんの子育て、そしてマタニティライフ。
体も時間も忙しい中、卒業の晴れの日を迎えられたこと、本当に立派です。

幅のある人間味あふれる素敵なごま先生誕生ですね。
実際に教壇に立つのは、出産してベビーちゃんとの時間が落ち着いてからかな。

本当におめでとう!

カチャ~シ~を踊ります☆
  • ヤンマー 
  • URL 
  • at 2007.05.27 06:53 
  • [編集]

ヤンマーさんへ。 

こんばんは。
ありがとうございます^^
お蔭様で無事に短大は卒業できました。
これから4年大学、大学院とまだまだ長い道のりが残っているので教壇にたつのはまだ先ですが、頑張ります^^

かちゃーしーをありがとう♪
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.05.27 11:35 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/399-85804ed5

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。