バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエル

こんばんは。
また夏が一日過ぎていきましたね。
皆様いかがおすごしでしょうか?
私はあまりの暑さに家にこもってます(笑)
そんな私を家に残し、こごまは外を駆け回りなぜか毎日「ハチに刺された~」と泣いて帰ってきます。
昨日は手、今日はひたいを刺されてました(--ヾ
しばらくすると腫れもひくし、痛みも引くらしくまた懲りずに外に遊びに出るこごま。たくましいですね~(笑)
男の子はこうでなくちゃ!

一度ちらっと書いた事があるのですが、こごま時々お花を摘んでお土産に持ってきてくれるんです^^
前は普通に差し出すだけでしたが、今は後ろに隠して「Mommy, I got something for you」と嬉しそう。
母嬉しい~。
外から帰ってきて「Mommy, I got something for you」と言われるたびにお花だ!と条件反射的に喜ぶ私。
そんなパブロフの犬状態の私に今日は悲劇が起きました。
いつものように笑顔と「I got something for you」の台詞。
なぜか「あれ?」といやな予感がしたんです。
こごまが近づく前に「何持ってきたの?」
こごま「フローギー♪」
私「は?」
こごま「フローギー♪」

カエルは私の中で世の中で嫌いなものベスト3に入るんです(T-T)
心底叫びたかった~。
「何してるの~!汚い。やめて。早く外に捨てて!」と叫びたかったです。
でもそれしちゃうとこごまが面白がって「ほれほれ~」ともっと近づいてきそうな予感がしたので「カエルは駄目だよ。お外に連れてって。家に入れないでね。マミも今外に出るから先に外に出てて」と追い出しました。
それを言うだけで精一杯!
こごまが嬉しそうなので、「写真とってあげるよ。カメラ取ってくるかあら待っててね」
一応写真撮ってみた。
カエル


2枚が限度でした(T-T)
この写真と、日本の母に送る用の笑顔の写真が一枚。
それだけ撮ると「強く握っちゃだめだよ?殺しちゃうからね。気をつけてね」と声をかけそそくさと家に逃げ込もうとした私。
こごまの横を通り過ぎる時にカエルがピョンと飛び出した!
「うぎゃぁぁぁぁぁ~!」
走って逃げた事は言うまでもありません(--ヾ
野生児の母やってるのが嫌になってきました(T-T)
虫や両生類怖がる男の子が欲しいかも。。。

ちなみにこごまがカエルの鳴き声の真似をする時、私には「ケロケロ。ゲロゲロ」といいますが、アメリカ人同士で遊んでる時はちゃんと「りべぃ、りべぃ」と英語だったりします。
ちゃんとわかってるんだぁ~。とちょっと嬉しい母でした。

あ、そうそうこの間は夫がメスのカブトムシを捕まえてきたんです。
私それすらチラッとしか触れませんでした。
夫に「日本ではこれ数千円とか出して買う人もいるんだよ~。カブトムシって人気だよ」と話したら目の色変えて大切にしだした(笑)
始めのうちはメロンをあげていたんです。
でもそのメロンも食べちゃってもうエサがない。
段々元気もなくなってきてそろそろやばいかも・・・な状態にこごまも気が付き「Mommy, What's wrong with my beetle?」と聞き始めたので「病気なんだよ、きっと」と話しました。
するとこごま「She needs to see her Mommy and Daddy!」と言い出した。
私「そうだね。マミとダディーのとこに帰ったほうがいいかもね。外に逃がしてあげようか?」
こごま「Yeah.」
ちゃんとわかってるのか不安だったので英語でも確認しました。
私「Are you sure that you want to let her go? Once you let her go, you will not see her again. No more beetle! Is it Okay? Are you sure?」
こごま「Yeah, We need to let her go, Mommy」
というわけで庭の樫の木に逃がしてあげました。
それを電話で夫に話すと「Nooooooo!!! $50!!!」叫んでました(笑)
私「He did good thing! Don't you proud of him?」
夫「$50 is $50!」という返事。
すんごい汚れた大人(--ヾ

カエルにカブトムシ、夏らしいですね~。
こんな感じで我が家の夏は過ぎています^^

何度も書いてますが、9月からこごまは幼稚園生。
幼稚園から健康診断書を提出するように言われていたので昨日こごまを連れてドクターズオフィスへ。
もちろんBBごまも同行。
今回BBごまは初めて靴を履いてのお出かけとなりました^^

靴


今までいつもはだしでのお出かけだったの(^^ヾ
一度靴を履かせるようになるとそれが普通になっちゃうものですね。
今日のお出かけでも靴を履かせました。

話は戻ってドクターズオフィス。
こっちのドクターズオフィスってなんか味気なくないですか?

ドクターズ・オフィス


まぁ、日本もそうなんですけど、日本より味気ない気がします。
小児科だとまた雰囲気違うんだろうけれど、うちはファミリードクターで特に小児科には行かないから味気ないのかな。
診療台も日本と雰囲気が違います。
日本はベットですよね~。
こっちでは産婦人科で使うような足を開く為の補助もついた診療台。
婦人科じゃなくても使うことってあるのかなぁ。。。

こごまは身長100cm、体重は15.4キロの健康優良児でした^^
学校に提出する書類も揃ったし後は学校から渡されたリストの買い物をするだけとなりました^^
みなさんはもう2学期の準備始めましたか~。
残りの夏休み楽しみましょ♪
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

 

かーえーるー!!
これはさすがの私もびみょうなんです。
ミミズもウジムシも触れるのにでかいかえるは触りたくないかなぁ・・・。
ずいぶん冷静に対応しましたね♪
さっすがぁ!こごまくんをわかってらっしゃる!!
うちには今、鳥のほかにいただいたかぶちゃんが3匹もいますよぉ~ψ( ̄▽ ̄)ψ
150$ですね(笑)
こごまくん100cm!背のびましたね!
9月が待ち遠しいですね♪
  • aiko 
  • URL 
  • at 2007.08.15 15:21 
  • [編集]

かえるやかぶと虫 

そこに蝉も加わるのがここらへんの男の子です。
蝉はどこにでもいる少し弱り始めるとしばたばた地面に落ちてくるので小さい子でも割と簡単につかまえてきますね。
でも・・・・・私は思いっきりだめなので女の子しかいないことをこのときばかりは感謝してしまいます。

BBごまちゃんの靴かわいいですね。
やはりこちらでは靴をはかせるのはだいぶ後なのでそういう小さい柔らかそうな靴は珍しいですね。
最初はソックス感覚なのでしょうねv-211
  • kuro 
  • URL 
  • at 2007.08.15 16:13 
  • [編集]

カブトムシ 

オーストラリアでは、飼うものじゃないらしです。。。
外で見つけたカブトムシを飼おうと、虫かごを探しても、どこにも無くて、ペットショップで聞いたところ、
「Beetleを飼うのか?あれは飼うものなのか?Good luck!」って言われました^^;
日本じゃ、夏になれば、普通に虫かごが売ってるし、カブトムシ用のゼリーまで売ってるから、カブトムシを飼うのって、日本人の私には普通だったので、驚きの事実でした。
  • erizo 
  • URL 
  • at 2007.08.15 22:21 
  • [編集]

aikoさんへ。 

こんにちは。
カエル、いやでしょう?
しかも緑のてかてか光ってるプラスティックみたいなカエルじゃなくて、泥みたいな茶色のカエルよ?
なんかイボとか持ってて移りそうじゃない?
本当ヤです(T-T)

aikoさんカブトムシ飼ってるんだ!
しかも3匹も?
エサは一体何あげてるの?
市販のエサなのかな。
あはは、そうね150ドルね^^
夫に言ったら羨ましがるだろうな。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.08.16 00:40 
  • [編集]

Kuroさんへ。 

おはようございます。
セミ!!
日本では子ども達よく取ってますよね。
私も子供の頃とってました。
でも大人になった今、無理!
幸い家の周りでは抜け殻は見つかるものの本物(?)は見かけません。
一体どこにいるんだろう。
声は聞こえど姿は見えずです。

へぇ~こういう赤ちゃん用の靴ってあまりないのですね。
それはいいこと聞きました。
出産祝いの時なんかいいかも♪
情報ありがとう、Kuroさん。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.08.16 00:49 
  • [編集]

erizoさんへ。 

こんにちは。
オーストラリアでもカブトムシはペットとしてはポピュラーではないのですね。
日本だけなのかな。
お隣韓国や中国ではどうなんだろう。。。気になるところです。

erizoさんカブトムシの飼い方詳しいですね!
ゼリーがあるなんて知りませんでした。
私も市販のエサを使わず育てる方法を知ってたら飼えたのになぁ。
erizoさんはその見つけたカブトムシどうなさったのかしら。
育てて日本で売りたいと思った私も汚い大人かしら(笑)
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.08.16 01:21 
  • [編集]

すごいねー!! 

おはようございます^^

ごまさん、すごいね~i-189こごま君が蜂にさされても、その毅然とした態度。恐れ入りましたe-466
それにしてもとっぉても大きいカエル捕まえてきたね(笑)
私もカエルは嫌いではないけど、触れるのは緑のカエルまで。流石にその色のカエルは無理かな(--;
でもこごま君が持っていたのが、私の大嫌いな蜘蛛だったら、一目散に逃げてるわよ~。写真を撮ってるごまさんえらいな~。

Souはまだカエルも虫も触れないの。
だからおうちでかぶとむしやザリガニを飼う許可を出していません。
と言って、実は私もパパも触れないのが一番の理由^^:

パパさんの$50には笑わして頂きましたが(笑)こごま君、本当に優しい子に育ってますね
Souだったらそんなこと言うかなと考えてしまいました。(たぶん言わないな~i-229
そういう意味でも家でなにかを飼うのはよい機会なのかもしれないですね。

こごま君身長100センチなんですね!先日Souも100センチになったのよ。少しSouの方が細身だけど、似た者体型だわ^^
こごま君、幼稚園頑張ってね☆
  • Fuzzy 
  • URL 
  • at 2007.08.16 06:19 
  • [編集]

 

毎日はちに刺されて帰ってきて大丈夫?
ショックとか起こしたら危ないんじゃない?
(かなり心配です)
でも、
男の子ってそういう冒険するんですね。

カブト虫は日本では高い値段で売ってますよね。
この間初めてヘラクレス大カブト見たんです。
あれは高いよね。確か何万円もすると思うんだけど・・・
ごまさんのパパがもしそれ見たら絶対逃がしちゃだめと
言うんでしょうね(笑)
私も言うかも・・・(汗)
  • まめっちママ 
  • URL 
  • at 2007.08.16 21:01 
  • [編集]

Fuzzyさんへ。 

おはようございます。
これがクマンバチに刺されのならその場でお岩さんのように腫れあがるのですが、そういった腫れもなく、蚊に刺されたような後だけが残っていたので平気でいられたんです^^
病院にも電話して問い合わせたら自宅で作れる塗り薬の作り方を教えてもらい、「調子が悪くなるようならすぐ連れてきてください」の指示だけだったの。

ね、このカエルいやよね?
第一に色がやだ(笑)
イボとか絶対うつりそうだもん。
カエルは池の側なんかに住んでると思っていたのに、普通に芝生にいるものなんですね。

あ~いいですねSou君!
うち恐怖心なくてトカゲも捕まえようとするの(T-T)
本気で辞めて欲しいです。
ざりがにとかぶとむしをSou君が飼える様になるのかいつかな♪
なんだか楽しみです。
もしかするとCoCoちゃんが先に何でも触れるようになっちゃったりして^^

こごまの「マミとダディーの元に返してあげよう」案ですが、野生動物(特に鹿)が親子で過ごすのを毎日見てるからみたいですよ^^
最近は毎日鹿の親子と、七面鳥一家が裏庭を散策しています。

Sou君も100cmなんですね^^
同じだ♪
最近感じるのですが、3歳って意外に大きくないですか?
後10年もしたら余裕で私より大きいんだろうなぁ。
楽しみ、楽しみ^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.08.18 00:28 
  • [編集]

まめっちママさんへ。 

おはようございます。
私もアレルギーとかショックとか心配しましたが、大丈夫みたいです。
特別変わった様子もないですし、病院に電話しても「調子が悪くなったらすぐ連れてきて」という指示でした。
緑に囲まれた生活、普段はいいのですが、こういうこともおきるから厄介です(--ヾ

私もヘラクレス一度みたことあります!
あれ大きいですよね~。
びっくりしました。
私はあんなに大きいのは、出すのも大きいのかなとそっちの方が気になり飼う気が失せるタイプですが、夫は目の色$マークさせてるかも(笑)
5万だとどうやって繁殖させようかとか考えそうな夫です(--ヾ
  • ごま 
  • URL 
  • at 2007.08.18 00:42 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/427-f2c68d81

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。