バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み聞かせの壁

こんにちは。
みなさま、お変わりありませんか?
バージニアは寒いですが、今週はすこ~し温かくなるそうです^^
それでも今朝はまた車のガラスが凍ってました(--゛

今日は我が家の日本語教育の悩みをちょっと書いてみようかなと思います。

子供が2言語同時に覚えるときのイメージとしてはコップが二つあり、英語で話しかけると英語のコップに水がたまり、日本語で話しかけると日本語のコップに水がたまる。
そのコップがいっぱいになった時に水があふれ出る。

というのはよく聞きますよね。
私もこごまのコップをいっぱいにしよう!と日本語の取り組みをある程度していますが、全然足りません。
それでもこごまは日本語のカルタが大好きで、毎日宿題が終わるとカルタをしています。
でも時々寝る時間になってしまいカルタは今日は無し宣言をすると涙を流して泣くほど残念がるの。
それはそれで母は嬉しいんですが、ここで折れると朝に響くし・・・とジレンマ。
時間がなかなか取れないのは誰しも感じてるところで、やる気がまだ十分あるってことでここまでは嬉しい悲鳴ってところでしょうか。

一番の問題は絵本の読み聞かせなんです(T-T)
こごまには毎月2冊、ブッククラブからの絵本が届きます。
年齢があがるにつれ内容も濃くなり、大人の私もとっても楽しみにしている配本。
でもレベルがあがることでこごまの理解力がついていかず、「What did it say?」といつも意味をこごまが聞いてくるんです。

そこで私はまず日本語で文章を読んで、それを英訳して意味を伝えるんですが、これがなかなかストレス。
私はそこまで頭の回転が速くないので、英語を見たり聞いたりすると英語で物事を考え、日本語を目にしたり耳にするとと日本語で物事を考えるんです。
同時進行ができない上に、切り替えも遅いので、正直かなぁぁぁぁりストレス。
最後の方は日本語も英語もめちゃめちゃになってくる。
それは私の努力不足だと思いもっと努力をしなくては!と感じていますが、もっと最悪なのが私の英語力では、日本語をきちんと英訳できないこと。

大意は伝えられます。
でも、せっかくきれいな日本語で書かれた文章なのに私の訳ではその言葉の美しさが伝わらないのです。
洋書を翻訳した絵本もうちにはたくさんあります。
洋書って原書で読んでも美しいもの。
でも私の訳ではその原書にはとてもじゃないけれど、近づけない。
程遠くてまったく別の雰囲気を持った絵本になってしまうの。

私は世の中にはこれだけ絵本があるんだからたくさんいろいろ読んで欲しいと思い、言語が違う同じ絵本はわざと買わないで今まで来ています。
今になって両方そろえたほうがいいのかなぁと感じています。
みなさんどうしてらっしゃいますか?

ひらがなを少しずつ覚え始めたので、2歳レベルの絵本に戻って一緒に絵本を読むことを始めようとは思っています。
でもそれはあくまでも音読の練習。
そんな簡単な絵本ではこごまが純粋な読み物として楽しめない。
あ~どうしよう。
絵本のレベルは年齢的にあってるものを送っていただいているけれど、それを理解する道具である日本語力が低い。
このギャップを埋めるのに苦しんでいます。

今まで読み聞かせだけは本当に心から楽しんでいただけに、本当に残念。
何らかの形で、もっと心から二人で楽しみたいけれどなかなかうまく行かないものですね。

今日は午後5時半からこごまの学校で「Reading Workshop」という行事があります。
親子で参加できるので、BBを預けて3人で行ってきま~す。
私も始めてなので、どういう行事なのかまったくわかりません。
今からワクワク。
そのときの様子はまた後日^^

ではでは。行ってきま~す。





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

原書のよさは、翻訳ではどうしても同じという訳には
いかないのは仕方ないことかもしれませんね。
うちでは一応難しめのものは、日本語英語両方そろえて
います。レベルがあってるものは、英語だけでも読んで
ますが、ちょっと背景が複雑なものや、ストーリーが
難解なもの、SFなどで知識が必要なものなどは、
日本語訳を使います。この間買ったホビットの冒険
も名前や背景がわかりにくいので、日本語訳も買い
ました。音だけでは、いきなり聞いても登場人物が
多過ぎて混乱してくるそうで、誰が主人公で、どういう
関係なのか、よく本の最初に主な関係が載ってるの
ありますよね。例えばダビンチコードなんかすごく複雑
で、私は何度も表紙の人物関係を確かめながら、読み
ましたから(もちろん日本語ですよ)
娘にも理解を超えていそうなレベルのものは、両方
読んで内容をしっかり把握する方向でやってます。

ごまさんがストレスにならない方法が一番いいと思う
ので、原書のよさもわかるけれど、翻訳本もあっても
いいかもしれないですね。
  • まめっちママ 
  • URL 
  • at 2009.10.21 11:18 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2009.10.21 21:03 
  • [編集]

まめっちママさんへ 

まめっちママさん(T-T)
ありがとう~。
そうかぁ~。まめっちママさん家レベルでも両方用意してらっしゃるんだぁ。
いや、逆にレベルが高いから両方必要なのかな。
私はこの程度なら大丈夫だろう程度にこごまの絵本を受け止めてましたが、物語としての要素が大きくなれば大きくなるほど壁を感じています。
まだまだなレベルですが、今躓くわけには行かないので、両方用意したほうがよさそうですね。

あ~そうそう。あります、あります。
外国語の本は名前が覚えてにくい!!
私もページをさかのぼって関係を確かめることよくあります。
内容をしっかり把握する方向でかぁ。なるほどね。なるほどね。

我が家は英語の絵本の数が断然少ないんです。
持ってる絵本の英語の原書を買いそろえるのもいいかも♪
さっそくアマゾンのぞいてみます!
いつもありがとう。まめっちママさん。
なんだかもやもやしていたものが、一気にふっきれました。
本屋さん覗くのが楽しみ~♪

あ、まめっちママさん。
貯金同盟にバニラさんが参加してくださり仲間が増えましたよ♪
うれしいですね^^
  • ごま 
  • URL 
  • at 2009.10.21 23:16 
  • [編集]

鍵コメCちゃんへ。 

おはようございます。
遊びに来てくださってありがとう~(><)
とってもうれしいです☆

距離ってやっぱりネックですよね。
でもきっとお二人なら大丈夫だと思いますよ^^

了解、了解。Pさんね♪
今のところそのお名前の知り合いはいないのですが、よく耳を澄ましてますね^^
本当にどこかでばったり!なんてことがあったら凄いですね。

貯金はねぇ~本当悲願なんですけど、なかなか・・・・
ちょっと貯まったかなと思うとさ~っと出てってしまうんですよぉ(T-T)
これは多くの方が実感してらっしゃると思うんです。
しかもこれって名前がついてる法則なんですってよ!
びっくりですよね。一度しか聞いたことがないので、肝心のその法則の名前を忘れてしまい説得力無くてすみません(笑)
でも本当よ。

今日は午前中、上司が留守で私一人なんでワンダフルな一日になりそうです♪
ありがとう^^
Cちゃんも素敵な一日お過ごしください。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2009.10.21 23:17 
  • [編集]

NoTitle 

アプローチの違いかもしれないけど、うちは、こごま君の年齢では読んで理解することが必要な絵本より、聞いてて言葉の響きがきれいな本を選定していました。

うちの子もハーフだから、”バイリンガル”って言っても、お父さんの文化、お母さんの文化って言うのを伝えたいというか、親子として分かち合いたかったんです。私も夫もわが子が「外人」ということが受け入れられなかったんです。
だから住む場所にしても、使う言語にしても夫婦でよくもめていたと記憶しています。(爆)
イギリス人がイギリスの桜を見て「きれいだな・・・」と思うのと、日本人が日本の桜を見て「きれいだな・・・」と感じるのでは、同じ「きれい!」と感じても、ちょっとニュアンスが違うんですよ。
他にもいろいろあって、例えば海の風景でも、日本人が感じたり浮かべる情景と、欧米人ではやっぱり景色が違うんですね。
私は、どっちかというと、バイリンガルでも言葉よりもそういう感覚的なことに拘ってきました。(私のやり方が正しいってことじゃないですよ~)
言語の習得以上に深~い宿命を背負うのがハーフちゃんだけに・・・親も迷うし、悩みも大きいと思いますよ。子供が好きでバイリンガルになるのを選んでいるわけじゃないだけに、楽しく、そしてそれを武器の一つに持たせてあげたいですね。

近く日本人補修校のクラスがありますか?
補修校もネットでホームページを設けているところが多いので、古本セールなどに顔出ししてみると良いですよ。
日本の本は、外国では3倍近い値段ですが、補修校での古本セールとか駐在さんのさよならセールに行くと、激安で幼児向けの絵本から小学生向け、大人向けなどいろんなジャンルの本がゲットできます!
それから、7歳になる年になったら、帰省するときは公立小学校に「体験入学」というのが1週間ぐらいできますよ。
補修校では、日本の給食や黄色い帽子かぶって登下校など体験できませんので、日本の体験入学はお薦めです。
お金はかかりますが、やっぱり、わが子のランドセル姿って見たいですしね。うふふ。こごま君の黄色い帽子と黒いランドセル姿も可愛いでしょうね。
しまった!こんなことしてたらお金が溜まらないっかぁ・・・そうっか、だからうちはお金が無いのでした!(墓穴!)
  • バニラ 
  • URL 
  • at 2009.10.22 07:57 
  • [編集]

バニラさんへ 

こんにちは。
私もとりあえず聞いてて心地がいいだろう、意味うんぬんよりも絵本を読んでもらってることを楽しみ、「絵」を読んで楽しんでくれればという部分がとても大きかったんですが、こごま納得しないですね~。
言葉に意味があることを知ってからは意味を知りたがります。

私も息子たちには日本人の「心」を理解して欲しいしです。

そうですね、思い浮かべる風景って育った環境なんかによって全然違いますよね、私もそれは強く感じています。
私は沖縄のエメラルドグリーンの海を想像しますが、夫はもっと力強い海を想像するみたいです。
この感覚の違いってどうしても埋められないものがあるんですが、それはそれでよしと受け止められる器を子供達には持って欲しいなと思います。
あるがままの姿を受け止める強さそして優しさを持ってくれたら私の子育ては成功かな。
と大風呂敷を広げてみました。ぷぷぷ(笑)
でもまだまだうちはそんなレベルじゃなく宿題を先に済ませるか、お風呂に入ってからにするかで揉めてます(--゛

日本人補習校は2時間くらい離れたところにあります。
本当はね、幼稚園から入れてあげようかと思ったんですが、ガソリン代高くなったし、毎日宿題こなす時間もないだろうしと入れるのは辞めたんです。
年に2回程度バザーみたいなのは開いてらっしゃるようで、時々それには顔を出しています。
いろいろありますよね~。
この間はカレーの販売もしてました。
やっぱりイギリスでも日本の本は3倍くらいの値段しますか。
こちらでも2~3倍はします。
そうなるとなかなか手が出ないですよね。

あ~ランドセル姿みたい、見たい~!
今年は幼稚園に体験入学させてもらったんです。
その時は園の帽子を貸していただいて2週間登園したんですが、やっぱりうれしかったです。
息子と手をつないで幼稚園に通園。
私にとってもいい思い出になりました^^

日本の体験入学は子供にとっても有意義なものみたいですね。
多くの方からそういう話を耳にします。
こごまは来年の里帰りの時は1年生なんです。
1学年落としてもう1回幼稚園させようか、それとも年齢どおり1年生にあげようかとっても迷ってます。
本人が楽しいのは幼稚園だと思うんです。
でもどうしようかなぁ。。。。。。

あはは(笑)
そうそう、うちもうちも。そういうのでバンバンお金が出て行きます。
お金がかかってもやっぱり里には帰りたいし。そのために働いてるんだから!と言い訳をして毎年せっせとチケットチェックしています。
それに親だっていつまでもいてくれるわけではないですし、かわいい今の時期を見せてあげたい気持ちもありなかなかお金にかえられないもの、お金がかかっても譲れないものってありますよね。
というわけで私も来年6月は大枚はたいて里帰りです!
  • ごま 
  • URL 
  • at 2009.10.22 22:50 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/588-bf46c0bb

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。