バージニア育児便り

バージニア在住主婦のつぶやきです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣類寄付

こんにちは。
週末ですね。
今週もあっという間に過ぎ去っていきました。
とても忙しい週でした。

離れてることもあって、なかなか日本の、特に被災地の方の現状がつかめずにいますが、みなさま寒くないでしょうか?
被災地周辺は雪だと聞きました。
早く春が来るといいのに。。。。

ネットでいろいろなサイトを見てるのですが、「古着寄付」についてはいろいろ意見があるようですね。
とても着られる状態ではないもの。
まだ着られるからいいよね?的なもの。

人によっては「あなたにとっていらない物は、ほかの人もいらない。」とおっしゃる方。
「気持ちはありがたいけれど、「これで十分でしょう」という気持ちが垣間見える服に言葉を失った」とおっしゃる方。
「被災地ではお水がなくてお風呂に入れない。一日作業して汚れた服を毎日着替えられて、惜しみなく捨てられる古着大歓迎」とおっしゃる方。
「仕分けが大変だから、個人での寄付は控えてほしい」とおっしゃる方。

いろいろな意見を目にしました。

実は私も衣類の寄付を考えていたんです。
泥のついた服を洗濯できずに着てる方もいらっしゃるのかな。生まれたばかりの赤ちゃんがいるお母さんはかわいい服着せたいだろうなぁ。卒業式、入学式、その日だけでも着飾らせてあげたいだろうなぁ。とかいろいろ考えました。
そんな状態ではないのかもしれませんが、せめてこの子だけでも。せめてこの日だけでもと思うのが親心。
でもネットでは衣類の募集を中止してるようなので、たくさんあるのかなぁ。

アメリカって洋服はかなぁぁぁぁりセールになるんです。
新製品が50%OFF.
季節が終わるころには75%なんて当たり前、その上クーポン使えばもっと割引。
新しい服だったらちゃんと被災者の方に届くのかなぁ。
でもやっぱりお金がいいのでしょうか。

バージニアも今日は寒く、曇り空が広がっています。
アメリカでやっても仕方がないのかもしれませんが、節電心がけています。
ヒーターを一度あげる変わりに洋服を一枚多めに着て靴下はいてます。
電気代浮いたぶんも寄付するぞ~!!

スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

ごまさん、ご心配いただき本当にありがとうございました。
楽しいはずの結婚記念日がまさかあんなことになるなんて・・・。
でも、今まで結婚記念日でパパにお休みなんてとってもらったこと
ないのに、今年は初めて休みをとってもらい一緒にいられたので
奇跡でした。

私も子供達が着れなくなった服がたくさんあるからと思っていたのですが、
市区町村の受付などでは「新品に限る」となっていたので断念i-195
リサイクルで古着を売ったり買ったりする人もいるのだから、
水が不足しているのなら洗濯もままならないだろうし、使い捨て
(といってはまた問題があるかもしれませんが)のように着替えて
もらうには古着でもいいんじゃないか(さすがに状態が悪いものは
問題外ですが)と思ったりもしましたが、仕分け作業では状態の
選別まで手がまわらないだろうからやはり中には不快な服も混じったり
してしまう可能性もあるから古着はNGなんですかねぇ・・・。
そうこうしてる間に衣類はあっという間に受付終了になってしまい
ましたがi-202

今回のことで日本中・世界中の人達の助け合いの心はスゴイな~と
感じました。
でも、その一方で義援金詐欺などこの震災を利用したいろいろと
悪質なものも出回ってきているので、注意しなければいけませんね!

まだ原発問題も終わりが見えず、水道の問題や余震などなかなか
気が休まりませんが、もうすぐ新学期も始まるので準備をしたり、
我が家は普段の生活を取り戻しつつあります。
ご心配ほんとうにありがとうございましたi-228
  • まきmama 
  • URL 
  • at 2011.04.02 08:29 
  • [編集]

まきmamaさん 

まきmamaさん。
今年の結婚記念日はいつもと違ってご主人にお休みをとってもらってて本当によかったですね。
むしのしらせだったのでしょうか。

新古服でもだめというのは残念ですが、新品に限るというのも理解はできますよね。
でも新品に限らなければならない状況なほど心無い義援物資提供する人がいるというのが残念でなりません。

本当ですよね。
私も今回他国からの援助、他府県からの援助の状況をネットで見てますが、心温まります。
ありがたいですよね、本当に。
私の故郷沖縄でも被災者の方の受け入れを決めたようです。
里帰りの際にはぜひ何かボランティアでもできたらと考えています。

一方義捐金詐欺には本当に怒りを覚えます。
同じ日本人として恥ずかしいです。

本当ですよね。原発問題も心配でなりません。
被災者の方の笑顔が少しずつでも増えてくれることを願ってやみません。

新学期スタートも目前で、ランドセルの寄付も考えましたが、大手メーカーさんがランドセルは多く寄付してるみたいですね^^
沖縄に”ゆいまーる”という言葉があります。
”助け合い”という意味なんですが、ゆいまーるの輪を広げるために私もできる限りのことをさせていただきたいと思っています。
まきmamaさんもまだ不安は残るものの普段の生活に戻りつつあると聞いてほっとしました。
これから先何か必要なものとか、私でできることがあればいつでもおっしゃってくださいね。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2011.04.07 00:38 
  • [編集]

NoTitle 

こんにちは。
この問題は難しいですね。阪神大震災の時に
大量に古着が送られてきたのですが、人手が足りず
仕分けが大変でそれは困ったそうです。しかも
その中でまともに被災者の方の尊厳を傷つけずに
着て頂けるようなものは3分の1ぐらいしかなかった
そうです。仕分け作業に従事していた人の証言です
本当にこういう場合だから洗濯もできなくても
いいから使い捨てででもたくさんあった方がいい
だろうという親切な心で送ってくださった方もいれば、
家にある不要品をこの際に処分しよう的な発想で送って
来た人などもいて、それらが混じってしまって、せっかく
の好意が受け入れられなくなってしまったりとか・・・
そういう問題がでるから、新品に限るになったんでしょうね。
阪神大震災の時に、本当にとんでもないものを入れていた人
がいたのは事実なんです。
テレビでも見ましたが、ひどかったです。
そういうことをする人がいるんだ、支援してあげた
んだからどんなものでも感謝しなさいよという上から目線
みたいな人が少なからずいるということが、大多数の善良
な人達の好意を無駄にしてしまうんですよね。
そんな中でも多額の寄付をしてくれた人、放射能
の危険の中で毎日必死で復旧作業をしている人
そういう立派な人達も存在しているのはちょっと
救いですよね。
私もできることを精一杯していきたいなと思います。
  • まめっちママ 
  • URL 
  • at 2011.04.10 00:51 
  • [編集]

まめっちママさんへ。 

こんにちは。
私も阪神大震災の時の衣類の寄付についての話を聞いたことがあります。
それにしても実際にお渡しできる服はたったの1/3ですか。。。。。
うん、うん、まめっちママさんのおっしゃるように「支援してあげたんだから」的発想の方が残念ながら少なからずいるんでしょうね。
残念です。
いろいろ私も考えたんですが、やはり古着を送るのではなくて「自分が古いものを着て、新しいものは送る」というのが一番いいのかもしれないですね。

この間、子供達の夏服を買ったんです。
ちょこちょこ買うのがいやだったので、一気にワンシーズン分買ったんですが、高かった~(><)
ネットで購入したんですが、利用したお店から翌日確認の電話がかかってきました。
買い物をした後に思ったのですが、被災者の方達は家や職場の建て直しをしながらこれからどうやって日に日に大きくなる子供達の服、学用品なんかをそろえていくご予定なのでしょうか。
援助金を受け取っても、日々の生活費にまわすので手一杯で服、学用品、学費、家電などにはまわせないという状態になってしまうのでしょうか?
ネットで見る情報には限りがあり、どうも現状がつかめずにいます。

離れてる私にもできること。
ますます考えさせられています。
  • ごま 
  • URL 
  • at 2011.04.11 06:25 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://opensesame.blog10.fc2.com/tb.php/639-d9ff9513

Menu

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。